カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 生理用品 >
  5. 新しい生理用品"月経カップ"の使い方について詳しく知りたい!

女性のカラダの悩み

新しい生理用品"月経カップ"の使い方について詳しく知りたい!

月経カップという生理用品をご存知でしょうか?

日本では通販などでしか入手できませんが、ナプキンやタンポンに代わる新しい生理用品として欧米では支持されており、日本でも話題になってきています。

 

支持されているということは、既存の生理用品とは違うメリットが多いにあるということです。

ここでは、そんな月経カップについてその使い方を記載して行きたいと思います。

 

月経カップってどんな商品?

月経カップとは、医療用シリコンで作られた生理用品で、キッチンで使う漏斗(ろうと)のような形状をしています。

 

生理用ナプキンやタンポンのように、経血を吸収させるのではなく、経血を受け止めて使うアイテムです。

折りたたんで、膣に入れ、経血を溜めて使います。

 

膣内にきちんと挿入すれば真空状態で設置され、最大12時間は経血の漏れを防ぎ、快適に過ごせます。

使用後は、カップを膣から取り出して経血をトイレなどに捨て、水洗いします。

 

既存の生理用品と比較してのメリットは?

月経カップのメリットは色々ありますが、一番はなんといっても「経済的」なことです。

使い捨てのナプキンやタンポンとは違い、最大10年のカップのリサイクルが可能なため、とてもエコで経済的なのです。

 

また、同じくエコで経済的といわれる布ナプキンと比べても、付けおき洗いなどの手間がなく、楽に再利用できます。

 

さらに、もう一つメリットがあります。

交代が中々できない仕事に就いていて、長時間生理用品をかえることのできない環境でも、漏れを気にせず使うことができるというメリットがあります。

 

月経カップのデメリットは?

月経カップのデメリットはいくつかありますが、主に以下のの3つが挙げられます。

・挿入にコツがいること

・日本に限っていえば、他の生理用品に比べて入手困難なこと

・洗浄できる場所や清潔な水を確保できないと使いにくいこと

 

ただ、挿入は使い続けていれば慣れますし、ドラッグストアなどではあまり取り扱っていないようですが、近年はネット通販などでの取り扱いが増え、購入のハードルは下がっています。

洗い場の確保も自宅や街中のみの使用なら、それほど問題にはなりません。

 

もしも、あなたが生理用ナプキンの不快感に悩んでいたり、布ナプキンの洗濯に手間を感じているなら「月経カップ」は一度使用を検討してみる価値のあるアイテムの一つだと思います。

 

月経カップを清潔に使う方法は?

月経カップは大体6~8時間装着する事が推奨されています。

装着後は膣から出して経血を捨て、洗浄します。

 

1日1回は流水と石けんで洗った方がいいのですが、面倒なので、実際使っている人で生理期間中はトイレットペーパーで拭いては再装着、という意見がありました。

 

その代わり、保管時と装着前には専用の鍋で湯を沸かし、重曹とクエン酸を入れて念入りに煮沸消毒するそうです。

血液は熱で凝固してしまうので、煮沸前には水で血液を洗い流しておくのがポイントのようです。

 

月経カップを使う際の注意点

月経カップはデリケートゾーンに入れるものですので、清潔な洗浄、保存を心がけてください。

重曹・クエン酸・純石鹸など天然の洗浄剤がおすすめです。

 

アルコール消毒は手指だけにして、本体への使用はやめる方がいいでしょう。

シリコンはアルコールで劣化してしまいます。

 

以上、新しい生理用品月経カップについて主に洗浄方法と注意点について簡単にまとめてみました。

既存の生理用品に不快感や違和感を感じている方は、少々入手のハードルがありますが、生理用品の選択として「月経カップ」を検討していただくと、不快感や違和感から解放され、快適な月経期間を過ごせるかもしれません。

 

より自分らしく心穏やかに過ごすために、ぜひ新しい生理用品「月経カップ」を試してくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

生理用品に関する記事

ゆるめるエクササイズが大事!月経血コントロールをトラブルなく開始しよう!

生理中、思わぬ瞬間に大量に月経血でてしまってヒヤッとした経験はありませんか?...

タンポンの使用で死亡!?誰にでも起こりうる…タンポンショックに注意!

生理のとき、ナプキンではなくタンポンを使う人も多いでしょう。しかし、酷くかゆ...


インフルエンザのような症状…タンポンショックが原因かも?この項目に当てはまったら注意して

  ナプキンなどの生理用品で、陰部がかぶれたりかゆくなったりするのは、そこに細菌...

ナプキン・ショーツの選び方は?生理中のパンツスタイルはどうしてる?!

ぴったりしたパンツスーツやレギンスを履きたいけど、生理の時はシルエットや経血...

カラダノートひろば

生理用品の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る