カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. ムレ・かゆみ >
  5. これでかぶれとさようなら!生理用品のかぶれ・かゆみのトラブル対処法!

女性のカラダの悩み

これでかぶれとさようなら!生理用品のかぶれ・かゆみのトラブル対処法!

毎月来る月経、そのたびにかぶれやかゆみに悩んでいる女性は少なくないのではないでしょうか?

かぶれ・かゆみを軽減しようと、軟膏などを塗ればその場ではかゆみが収まります。ですが根本的な原因を解決しなければ、またかゆみ・かぶれを繰り返してしまいます。

 

では、かゆみ・かぶれを根本的に起こさないようにするにはどうしたらいいのか、注意点をまとめてみました。

 

■生理用品の長時間密着はNG

月経中にかぶれ、かゆみといった症状がおこる、その主な原因は「蒸れ」です。

使い捨て紙ナプキンを当てていると、どうしても湿った状態が続きます。

その状態で、吸収されずナプキンに残った経血や汗などが肌を刺激すると、かゆみ・かぶれが起きてしまいます。

 

もうひとつの原因は、「摩擦」です。月経期間も後半になってくると経血量が少なくなり、皮膚が乾燥してきます。

そしてその状態で動いたり歩いたりしたとき、ナプキンとの摩擦で乾燥した皮膚がこすられてかぶれてしまうのです。

 

経血が少なくなってくると、そんなにこまめに交換する必要もなくなるので、ついつい長時間交換せずショーツに付けっ放しにしてしまう方もおられると思います。

ですが、長時間の生理用品の密着は上記の「蒸れ」「摩擦」を発生させやすくなり、かゆみかぶれの原因となりますのでやめましょう。

 

■服や下着も見直してみよう

月経時にに使うサニタリーショーツ。内側に防水性の生地が使われているものが多く、血が付着しても洗いやすい素材でできていますので重宝しますよね。

 

しかし、この防水性の高い生地は通気性が悪く蒸れやすく、かゆみを増長させる原因となったりします。

経血量が少なくなったら、思い切って綿100%などの普段のショーツに替えてみるといいでしょう。

 

また、ぴったりしたジーンズなどもショーツの生地や生理用品との密着感を高めてしまいますので、フレアスカートなど通気性がよくなるべくゆったりとしたボトムにしてみるのもよいかもしれません。

 

■こまめに交換、清潔が重要

そしてかぶれを起こさない一番の対処法は「生理用品のこまめな交換」。これにつきます。

ナプキンの種類を換える事を検討してもよいですね。薬局では肌の刺激が少ないタイプなど、色々な種類が売っています。

 

また、経血量が少なくなってきたらおりものシートなどにしてこまめに交換することをおすすめします。

紙ナプキンではなく布ナプキンやタンポン、月経カップなどに変えてみるのもいいですね。これらの生理用品は皮膚に影響が少なく紙ナプキンよりはかゆみ・かぶれが起こりにくいです。

 

生理は毎月来るものです。生理用品を長時間密着させない事を心がけかゆみなく過ごしましょう。

 

(Photo by:足成

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ムレ・かゆみに関する記事

生理中の痒みへのケア

デリケートゾーンの悩みはなかなか人に打ち明けられないものです。痒い時はどの...

陰部のかゆみ対策 清潔にするために

  生理中の陰部は様々なストレスに耐えています。ナプキンによる陰部の湿気や、ナ...


気をつけるべき接触性皮膚炎

  生理中の陰部は不快なことが多くあります。陰部はデリケートゾーンと言うことも...

生理中にかゆみの原因となるムレ、どう対策する?

生理のときの不快な悩みといえば「ムレ」。我慢してそのままにしておくと、かゆみ...

カラダノートひろば

ムレ・かゆみの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る