カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 気になる病気・症状 >
  3. 血液・血管 >
  4. 貧血 >
  5. この症状、貧血?低血圧?似た症状が見られるから、はっきりするには検査を!

気になる病気・症状

この症状、貧血?低血圧?似た症状が見られるから、はっきりするには検査を!

めまい、立ちくらみ、だるさなどの症状は、多くの女性が感じる症状です。ではこうした症状が出たとき、原因は何だと思うでしょうか?

これらの症状が見られる病気として、貧血や低血圧があります。これら二つは混同されやすく、はっきりとわからないままの人も多いようです。

 

貧血と低血圧の違い

貧血と低血圧、この二つの違いは簡単に言えば、以下のような状態です。

 

・貧血は血液が薄い(赤血球が少ない)状態

・低血圧は心臓から出される血液量が少ない状態

 

原因は全く違うのですが、結果として細胞に送られるはずの酸素量が減少することで、めまいや立ちくらみ、だるいなどといった同じような症状を引き起こします。

 

違いをはっきりさせるには、検査を受けよう

症状だけではどちらが原因か判断できないので、特定するには病院で検査を受けることが必要です。

 

(1)貧血の検査を受けよう

貧血の検査では、採血をし、血中成分を調べてもらいます。これでヘモグロビンの濃度が基準よりも下回っていれば、貧血と診断されます。

貧血と診断されたら今度は、何が原因で貧血が起こっているかを探る必要があります。

女性は月経がありますから、そういった理由で貧血になる人もいますし、あるいは、胃潰瘍などの病気が原因で貧血になる人もいます。

 

また、骨髄の病気など比較的重大な病気の前兆として貧血があらわれることもありますので、十分な注意が必要です。

 

(2)低血圧の検査を受ける

貧血の可能性がなくなったら、低血圧の可能性を探ります。

実際に血圧を測ってみれば、血圧が低いかどうかが分かります。しかし、低血圧は高血圧と違って、明確な判断基準がなく、医師や病院によって意見がわかれることもあります。

 

低血圧が原因と分かったら、今度はその低血圧が何によって起こっているかを知る必要があります。ただ、低血圧の多くは本態性低血圧といって、原因がはっきりとしないものです。

しかし中には、心臓の機能に異常がある場合や、血圧調整の役割をする自律神経の障害などの可能性もありますので、きちんと調べた方がよいでしょう。

 

原因がわかったら対処を!

貧血が原因であれば、多くの場合は生活習慣の改善や、食事やサプリメントで鉄分を多く摂ることが対策として考えられます。

 

一方、低血圧が原因で、本態性低血圧と考えられるならば、十分な睡眠と休息、規則正しい生活で改善を図れます。

 

そして何らかの病気が原因と考えられるならば、その治療が優先されます。いずれにしてもまずは原因の特定からしていくことが重要なのです。

 

アプリで血圧を測って検査に役立てよう!

血圧を自分で計るのはいいけど、記録するのが手間だから続かない…

そういった声もよく耳にします。手軽にできなければ毎日の継続は難しいですよね。

そんな方にはスマホアプリがおススメです。血圧値を記録するだけで、自動でグラフ化、朝晩ごとの数値はもちろん、平均値などもすぐに確認できます。この機会に始めてみませんか?

  

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

(Photo by:pixabay、著者 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

貧血に関する記事

これで私も貧血知らず!貧血予防によい食材は○○!貧血による体への恐ろしい影響

立ち上がった時に目の前が真っ暗になりフラッとしてしまう・ふとした時に視界がおか...

直接クームス試験など「自己免疫性溶血性貧血」の検査

  自己免疫性溶血性貧血と診断されるまでには、さまざまな検査が実施されます...


先天性溶血性貧血の「遺伝性球状赤血球症」の治療とは

  遺伝性球状赤血球症は、通常円盤型である赤血球の形状が丸くなってしまい、...

あなたはどのタイプ?4つの貧血の種類

貧血といえば一般的には鉄欠乏性貧血のことを指しますが、ほかにも色々な種類の貧...

カラダノートひろば

貧血の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る