カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 食事療法 >
  5. 減塩 >
  6. 減塩は一気にやらない方がいい?今からでもできる減塩のファーストステップ

生活習慣病

減塩は一気にやらない方がいい?今からでもできる減塩のファーストステップ

高血圧症は日本国民の多くが悩まされる病気です。しかし自覚症状が少なく、危機感を持ちにくいからか、少しぐらい血圧が高くても気にしないという方も多いようです。

 

減塩の実施できてますか?

会社の健康診断などで、「ちょっと血圧が高いですね」と言われたことがないでしょうか?

それに続いて、「普段の食事で減塩を心がけてください」とも言われなかったでしょうか?

 

しかし、血圧が高いことは実感しにくいため、なかなか普段の食事に我慢を加えて「減塩を頑張ろう」とは思いにくいかもしれません。

「まだ高血圧にもなっていないから、高血圧対策はしなくてもいいだろう」と思っていませんか?

将来高血圧が悪化して動脈硬化を進行させ、脳卒中や心筋梗塞などの可能性を高めることがあります。

 

すぐに目標達成しなくてもいい

厚生労働省が推奨する、適切な塩分摂取量は18gです。

そうは言っても、この8gの目標はいきなり目指すには高すぎます。

塩分摂取量を8gにして、食事が楽しくなくなってしまえば、減塩は続きません。ですからまず、できることから始めればいいのです。

 

すぐにできる!減塩ファーストステップ

では減塩をしてくださいと言われたその日からできる、減塩方法をご紹介します。

 

・調味料を変える

塩やしょうゆを調味料に使うと、塩分の量が気になります。そこで考えたいのがこれらの代用です。

これらの代わりに、七味唐辛子、わさび、カレーパウダーなどの刺激で味を補ってもよいです。

 

また、酢やレモンの酸味を加える方法もあります。ごま油を追加して風味をつけることも減塩につながります。

 

・塩分カット商品の代用

減塩をしていても、カップ麺などを食べたい欲求はあります。そんなときに活用するのが「塩分カット商品」です。

スーパーやコンビニなどでは最近、「塩分20%カット」などと書かれた商品があります。もちろんカップ麺でもこうした商品が出ています。

 

こうしたものを上手に活用しましょう。消費者のニーズに合わせて、こうした塩分カット商品の種類は豊富になってきており、しかも味もよいとされています。

さらに、こうした商品を食べていることで、舌が薄味に徐々に慣れていくということも言われています。

 

徐々に減らしていくことに意味がある

ちょっと味を変えるくらいの感覚で、減塩に取り組んでみてはどうでしょうか?

徐々に塩分を減らしていくことで、自分でも気づかない内に薄味に舌が慣れていきます。

まだ高血圧対策はしなくてもいいと軽く考えている方は、調味料や商品の選択肢をかえるだけで、自分の体を労わることができますよ。

 

アプリで血圧管理をサポート!

血圧を自分で計るのはいいけど、記録するのが手間だから続かない…

そういった声もよく耳にします。手軽にできなければ毎日の継続は難しいですよね。

そんな方にはスマホアプリがおススメです。血圧値を記録するだけで、自動でグラフ化、朝晩ごとの数値はもちろん、平均値などもすぐに確認できます。

この機会に始めてみませんか?

 

  

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

(Photo by:pixabay、著者 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

減塩に関する記事

意外と気を付けたい和食の塩分を知っておこう!

和食は洋食に比べれば、ヘルシーですが塩分は意外と多いこと、ご存知ですか? よく...

塩分控えめでも美味しい食事を作る方法

  高血圧の人の食事は減塩が基本ですね。 塩分控えめというと味気ない料理になっ...


太っていないのに高血圧?!塩分の取りすぎが原因?塩分を減らすには?

  高血圧の人は肥満症であることが多いです。そのため運動療法や食事療法など...

塩分過多の対策にはカリウムを

    ■日本人の高血圧対策として最も合理的なのが塩分制限です。 日本...

カラダノートひろば

減塩の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る