カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 薬物療法 >
  5. 注意点 >
  6. 高血圧治療で使う「降圧剤」知っておきたい!降圧剤の副作用まとめ

生活習慣病

高血圧治療で使う「降圧剤」知っておきたい!降圧剤の副作用まとめ

高血圧になったらそのままの状態では体が危険ですので、降圧剤などを服用し、薬の知からで血圧を抑えこみます。

薬は至極簡単に血圧を抑えられますが、使い始めるときのハードルは低くても、継続していくことで問題が発生することもあります。

ここでは、高血圧で使用される降圧剤の副作用についてまとめました。

 

高血圧で使用される降圧剤の副作用

血圧を低くする降圧剤は色々と種類があります。それらそれぞれで考えられる副作用をご紹介していきます。

 

・カルシウム拮抗薬(アダラート・ノルバスク等)

高血圧で治療を受けている多くの方が服用している降圧剤です。

 

副作用:動悸、頭痛、ほてり、むくみ、便秘などがあります。

また副作用とは少し違いますが、グレープフルーツとの食べ合わせは非常に危険です。グレープフルーツはカルシウム拮抗薬の分解を遅くする作用があり、それによって薬が効き過ぎて、必要以上に血圧が下がってしまう危険があります。

 

・アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬(ディオバン・ブロプレス等)

カルシウム拮抗薬に次いで、良く使用されている降圧剤です。

 

副作用:基本的にこの薬による副作用は少ないとされています。ただ、妊娠中や授乳中の女性が服用すると、高カリウム血症になったり、味覚異常、空咳などの症状が出る可能性があります。そのため妊娠中、授乳中の服用は禁止されています。

 

ACE阻害薬(コバシル・アデカット等)

アンギオテンシンⅡ受容体拮抗薬に似た作用を持つ降圧剤です。

 

副作用:一部の服用者において、空咳や血圧の低下といった症状が見られています。特に若い女性に多いようです。

 

・利尿薬(オイテンシン・ラシックス等)

値段が安く、降圧剤の中では古くから使用されている薬です。

 

副作用:低カリウム血症を起こすケースがあります。低カリウム血症になると、筋力低下、けいれん、便秘、息切れ、めまいなどの症状が見られます。

また副作用とは違いますが、高血圧患者の一部の人にはこの薬を服用しても効果がないようです。

 

・β遮断薬

交感神経を抑制することで血圧を下げる薬です。

 

副作用:特別な副作用はありません。

ただ、服用しているときに急に薬を飲むことをやめると、狭心症や高血圧発作を引き起こすことがあるので注意が必要です。

 

・α遮断薬

β遮断薬と同じ、交感神経を抑制して血圧を下げます。朝に血圧が上がりすぎてしまう、早朝高血圧を抑える目的で使用されることが多いです。

 

副作用:服用を始めて間もなくは、急に立ち上がった時にめまいがしたり、動悸、失神などがあります。

 

自分が飲む薬の悪い面もよく知ろう

高血圧になると、それが当たり前のことのように降圧剤による治療がはじまることがあります。

もちろん薬で高い血圧を抑えること自体が悪と言いたいわけではありませんが、それでも自分が飲み続けることになる薬については、悪い面もよく知っておいてください。

 

普段から血圧を測定しよう!便利アプリ紹介★

血圧はとてもデリケートな数値です。なるべく毎日の測定条件を揃え、正直に正確な値を記録するように心がけたいですね。

 

より正確な家庭血圧の記録は毎日決まった時間の計測から。つい忘れてしまうという方は、アプリを利用するというのも一つの方法です。

アラーム時間を設定しておけば、毎日決まった時間にお知らせが来るので計り忘れや時間のばらつきも解決!

数値を記録するだけでグラフも自動的に作成されるので、数値の変化がわかりやすくなります。

 

 

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

(Photo by:pixabay、著者 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

注意点に関する記事

高血圧の薬「ディオバン」のデータ操作で起きた社会的問題とは?

  高血圧で降圧剤を服用している人でなくても、「ディオバン」という商品名で発売...

降圧薬の選択も、併発している病気次第?降圧薬選択のポイント

高血圧に対する薬物療法として重要なのは降圧薬ですが、降圧薬はおおまかにわけて6...


データ改ざんされた降圧剤 何故こんなに使われていた?

            ノバルティスファーマ社の「ディオバン」(一般名:バルサ...

Ca拮抗薬の注意点

  降圧作用を持つCa拮抗薬ですが他の降圧薬とは違う特徴があります。  ...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る