カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 美容・ダイエット >
  3. ダイエット >
  4. 知識 >
  5. 食べないダイエットで起こる「低血圧」なぜ食べないと低血圧になってしまう?

美容・ダイエット

食べないダイエットで起こる「低血圧」なぜ食べないと低血圧になってしまう?

 

女性は、常にダイエット中という方もいると思います。ダイエットの方法も色々とあり、ファッションの流行りのように新しいダイエット方法が出現しては消えていきます。

ダイエット方法の中でも最も知られている「食べないダイエット」。ですが、これはやってはいけないダイエットです。

 

食べないダイエットで起こる「低血圧」について知っていますか?なぜ食べないと低血圧になってしまうのでしょうか。

 

やってはいけないダイエット

色々とあるダイエットですが、中にはやってはいけないと言われるダイエットもあります。その代表とも言えるのが、「食べないダイエット」です。

 

もちろん今の食生活を見直すというのは、ダイエットにおいて、とても大事です。1日のカロリー摂取量が普通の何倍も超えているような人に、食事制限をするなとは言えません。

ですが、今適正カロリーを摂取している人が、食事の内容を見直すことはあれども、それを減らす必要はありません。

 

食べないダイエットで起こること

食べないダイエットを続けると、血圧が下がっていき、しまいには低血圧になってしまうことがあります。なぜ低血圧になってしまうのか、それを見てみましょう。

 

理由1:基礎代謝の低下

食べないダイエットをすると基礎代謝が低下します。

基礎代謝は交感神経の動きと連動します。つまり基礎代謝が低下すれば、交感神経の働きが低下するのです。

そして、交感神経は血圧の動きとも連動しているものです。ですから、基礎代謝が低下すると、血圧が低下してしまうのです。

 

理由2:水分や塩分摂取量の低下

食べないダイエットというのは、人の体に必須のものまで摂取量が少なくなってしまします。特に水分や塩分の摂取が少なくなると、血圧は低下してしまうのです。

水分というのはそのまま血液量に関係し、循環する血液の量が少なくなることで血圧が下がります。

そして塩分ですが、人の体は塩分を摂取すると濃度を調整しようとして血流量が多くなります。

 

逆に少なければ、血流量が少なくなってしまい、血圧が低下してしまうのです。

 

食べないダイエットは体が危険!

低血圧というのは高血圧ほど危険視されておらず、すぐに命の関わる状態ではありません。しかし、めまいがしたり、ふらついたり、集中力がなくなったりと、生活に支障が出る症状が見られるため、軽視できません。

 

ダイエットをしようと思ったときには、食べないダイエットの選択肢は選ばず、運動や生活習慣の見直しといった方法を考える方がよいでしょう。

 

血圧管理もしっかりしよう!アプリを使えば面倒なグラフ作成も自動で作成

高血圧ほど危険視されていませんが、低血圧の症状だって軽視できません。より良くダイエットをするために血圧を測ってみましょう。

 

ですが、血圧を自分で計るのはいいけど、記録するのが手間だから続かない…そういった声もよく耳にします。手軽にできなければ毎日の継続は難しいですよね。

そんな方にはスマホアプリがおススメです。血圧値を記録するだけで、自動でグラフ化、朝晩ごとの数値はもちろん、平均値などもすぐに確認できます。この機会に始めてみませんか?

 

  

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

(Photo by:pixabay、著者 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

知識に関する記事

タンパク質は常に必要量をキープ

 ダイエットだろうと糖質制限だろうと、タンパク質だけは常に必要量をキープしておく...

忙しい人ほど効果的「通勤しながらダイエット」

仕事や家事が忙しく、ダイエットのための運動時間を取れない方こそ「ながらダイエ...


30代になって20代と変わったのは何?痩せにくくなった・肉の付き方が変わった理由

30代になって、20代の頃と違うと感じることは色々とあると思います。その一つ...

吐いてるのは食べ物だけじゃない!

    綺麗になりたい、そう思わない女性はいないと思いますが、その為に過剰な...

カラダノートひろば

知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る