カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 記録・管理 >
  5. 朝の血圧が高いなら、薬の処方が変わるかも…朝の血圧に注目してみましょう

生活習慣病

朝の血圧が高いなら、薬の処方が変わるかも…朝の血圧に注目してみましょう

高血圧は、血管がつまって起こる脳卒中や心筋梗塞など、重篤な症状のリスクを引き上げます。自分の血圧を毎日測っているという人でも、1日の中の血圧の変動を知っているという人はなかなか少ないと思います。

 

朝と晩の血圧、日中との違いは?

家庭用の血圧計で、毎日自分の血圧を測定しているという人は、朝と晩の一日二回数値を記録していると思います。

しかし実際、血圧は常に変動していくものです。朝と晩だけが正常値で、日中の血圧を測っていないときだけ血圧が高くなるということも考えられます。

 

そのため、朝と晩だけではなく、一日の何回か血圧を測定してみると、今まで見えてこなかった自分の血圧の変動が見えてくるかもしれません。

 

朝の血圧だけが異様に高い場合

日中の血圧を測定して、朝晩の血圧を比べてみると、朝の血圧が異様に高いことに気づくことがあります。

そもそも朝は、体を起こすために血圧が高くなるのが当然です。しかし、そのあがり方は緩やかでないと、血管に負担がかかってしまいます。

 

血圧の変動が急だと血管に負担がかかります。これは早朝高血圧という状態で、脳卒中などを引き起こす可能性があります。

こうした血圧の状態が見つかった場合、薬の処方が少し変わるかもしれません。

 

朝に薬をもうひとつ

高血圧の投薬治療は、長期作用型の降圧剤を処方して、24時間の降圧をします。

もし一日の血圧の変動を測定したときに、朝の血圧だけが高いのであれば、24時間降圧に加えてピンポイントで朝の血圧を下げる必要が出てきます。

そうなると、普段服用している降圧剤に加えて、朝の血圧をピンポイントで下げる降圧剤が処方される可能性があります。

 

自分の一日の血圧をよく知ると、こうした薬の処方の仕方も変化してくるのですね。

 

薬が増えたら飲み忘れには注意

一日の変動を知ると、薬の処方や服用の仕方が変わってきたりします。そうなると、薬を服用する回数が増えることもあるのですが、その時に注意したいのが薬の飲み忘れです。

 

もちろん自分の血圧に適した飲み方に変更しているのですが、どうしても回数が増えると、夜の分の服薬を忘れてしまったりしますよね。

ですが、そうしてしまうと意味がありませんので、薬の飲み方が変わったら、飲み忘れの内容に十分に注意しましょう。

 

アプリを使えば面倒な血圧記録も一気に解決!

より正確な家庭血圧の記録は毎日決まった時間の計測から。つい忘れてしまうという方は、アプリを利用するというのも一つの方法です。アラーム時間を設定しておけば、毎日決まった時間にお知らせが来るので計り忘れや時間のばらつきも解決!

数値を記録するだけでグラフも自動的に作成されるので、数値の変化がわかりやすくなります。

 

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

(Photo by:pixabay、著者 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

記録・管理に関する記事

気になる高血圧改善の目標数値!年齢ごとに異なる高血圧の降圧目標数値について

高血圧と診断されたら、治療を受けたり生活改善を行いながら改善に取り組んでいく...

毎日測る朝の血圧…朝に血圧を測るとこんなデメリットが!?あなたは大丈夫?

家庭血圧で朝、血圧を測ることはとても重要です。高血圧気味で医師から指導されてい...


家庭の血圧測定は1日2回が常識!いつ測定するのがベスト?!

家庭用血圧計が広まり、治療の一環としても家庭血圧が参考にされているため、毎日家...

血圧を測定して直ぐに入力出来るので便利!血圧アプリのいいところ

「血圧ノート使用体験談」でお寄せ頂いた体験談を紹介していきます。60代女性の...

カラダノートひろば

記録・管理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る