カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 記録・管理 >
  5. あなたは血圧の季節変動が大きい?変動が大きい場合は、季節に適した対策を考える必要があります

生活習慣病

あなたは血圧の季節変動が大きい?変動が大きい場合は、季節に適した対策を考える必要があります

血管の太さは外気温によって左右されます。それはつまり、気温によって血圧が変動するということです。

ということは、日々測定している血圧は、季節によって変動しているということになります。

 

寒いと血管が細く、血圧が高く

気温が寒くなると、体は自分の熱を外に放出しないように血管を収縮させます。

ちょうど水が出ているホースをギュッと握った感じになります。そうなれば当然、水は勢いよくホースから出ますよね。

 

これが高血圧の状態で、この状態が続くことで血管に負担をかけてしまい、心疾患などにつながります。

ということは、血圧は1年を通して一定ではなく、「夏に低く、冬に高い」ということになります。

これが普通の血圧の変動ですが、この変動の幅が大きい人がいます。そんな人は要注意です。

 

変動幅が大きければ血管に負担

季節という長いスパンで合っても、血圧の変動幅が大きいということは、血管に負担をかけているということです。

特に気をつけるべきは冬の血圧が高くなるときですね。もともと血圧が高めの人は、さらにそこから高くなる可能性があるわけですから、注意しなければいけないのです。

 

冬には特別な対策を

特に気をつけるべきは冬であり、そこでの心がけ・対処が必要です。具体的には以下のようなことができます。

 

・部屋の中の温度差をなるべく小さくする

・顔を洗うときはお湯を使う

・運動をするときは徐々に体を動かす

・お風呂はぬるめのお湯にする

・ストレスをためない

・早朝高血圧に気をつける

 

冬は生活の中の温度差が大きくなりがちですので、室温や自分が触れるものの温度には気を配った方がよいでしょう。

また、人の血圧は起床時に最も高くなりやすいのですが、それと布団から外に出る温度変化、冬の高血圧が重なると、血圧の変動が大きくなりすぎて危険です。

 

医師に相談しても◎

季節による血圧の変動は、基本的には自然なことです。ですが、だからと言ってどんな変動も受け入れるべきということではありません。

自分で家庭血圧を測っていて、血圧の差が大きいと感じるならば、かかりつけの医師に相談してみてください。

 

これで簡単!アプリで血圧管理をサポート

血圧を自分で計るのをつい忘れてしまう…という方にはスマホアプリがおススメです。

血圧記録をアプリで行えば、手軽にできて毎日の継続も簡単です。

血圧ノートは血圧値を記録するだけで、自動でグラフ化、朝晩ごとの数値はもちろん、平均値などもすぐに確認できます。この機会に始めてみませんか?

 

 

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

(Photo by:pixabay、著者 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

記録・管理に関する記事

血圧管理に血圧アプリを使用!朝晩の血圧測定の記入をしています

「血圧ノート使用体験談」でお寄せ頂いた体験談を紹介していきます。30代女性の...

厳しい管理が必要!糖尿病での降圧目標の数値とその理由とは?

心筋梗塞や脳梗塞など、危険な疾患を引き起こす可能性のある高血圧。日本では50...


朝晩の血圧差が激しいのは危険!?早朝高血圧には○○が効果アリ!

  心筋梗塞や脳卒中は、朝に起こることが多いです。 いずれも血管が詰まったことに...

血圧計算の面倒はアプリで簡単に!アプリを活用すると自分の血圧が見えてきます!

日々血圧を測っている方は、きちんと「血圧の平均」を出しているでしょうか? 「血...

カラダノートひろば

記録・管理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る