カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 記録・管理 >
  5. 血圧の値に季節が関係するって本当?季節による変動が大きいのは体によくない!?

生活習慣病

血圧の値に季節が関係するって本当?季節による変動が大きいのは体によくない!?

「冬は脳卒中などの突然死の数が増える」という話を聞いたことがあるでしょうか?

特に高齢者において言われることで、冬は血圧が高くなる傾向があるため、それによって血管が詰まり、脳卒中などが起こりやすくなるのです。

 

夏が最小、冬が最大

高齢者などの血管が老化した人だけでなく、健康な人であっても季節によって血圧は変動します。

基本的に夏に血圧が最も小さい値を示し、冬に最も大きい値を示すように変動します。

 

これは外気が冷たいことによって、血管が収縮することによるものと考えられ、血管が夏ほど拡張しないので血圧が高くなると考えられています。

 

変動が大きければ体に負担

健康な人でもあるこの季節の血圧変動ですが、血圧の変動はどちらかと言えば穏やかな方が血管に負担がかからないですから良いのです。

ですから、季節ごとに比較した血圧の差が大きい場合、体に負担がかかっていると考えられます。

 

年間を通して血圧を測っているという人は、夏と冬の血圧の平均を算出してみて下さい。

普通で最高血圧が4mmHg,最低血圧が8mmHg高くなると言われていますので、自分の血圧と比べてみて下さい。

 

特にこんな人は、季節変動が大きい傾向がある

高齢になり、血管が老化すればこうした季節の変動が大きくなります。それ以外にも、季節変動が顕著になる人の特徴があります。

それが以下のふたつです。

 

・喫煙

・肥満

 

特に喫煙者の場合、寒い時期の昼間の血圧上昇が大きくなるのだそうです。

 

季節による違いなんて関係ない?

健康な人でも季節による血圧の変動があるものですから、血圧の季節変動が大きくてもあまり危機感を持てないかもしれません。

ですが、夏と冬の血圧差を、調査の初年度と10年後で比べたとき、初年度の血圧差が大きい人ほど、10年後の血圧差が大きいという結果が出ています。

 

つまり、季節による血圧の開きは、年数を追うごとに開いていき、進行していく可能性が大きいのです。

 

季節の差を知ろう

普段血圧を測っていても、季節ごとの変動まで気にしないかもしれません。

ですが血圧は色々な角度から見ると、違った問題点が見えてくることもあります。

自分で計算するのが面倒であれば、アプリなどで管理すれば平均値などを簡単に算出することもできますから、利用してみて下さい。

 

アプリを使えば面倒なグラフ作成も自動で作成!

血圧を自分で計るのはいいけど、記録するのが手間だから続かない…

そういった声もよく耳にします。手軽にできなければ毎日の継続は難しいですよね。

そんな方にはスマホアプリがおススメです。血圧値を記録するだけで、自動でグラフ化、朝晩ごとの数値はもちろん、平均値などもすぐに確認できます。この機会に始めてみませんか?

 

 

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

(Photo by:pixabay、著者 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

記録・管理に関する記事

高血圧の人は注意!月曜日の突然死をどう防ぐ?それには休日の過ごし方が大事!?

心臓発作が最も多く起こる曜日は、何曜日だと思いますか? 心臓発作と曜日なんて、...

気づきづらい早朝高血圧には気をつけて!朝晩の平均、差を調べてみよう

血圧は常に一定ではありません。たくさん体を動かせば血圧は上がりますし、安静時は...


高血圧~日々の家庭内血圧測定で分かるコト 血圧と気温の変化

高血圧については、その予防方法については様々な点が議論されていますが、まず血圧...

正しく測らないと意味がありません!朝と夜の血圧測定、正しい方法でできていますか?

高齢になると家に血圧計があるのも珍しくありませんよね。血圧を日々測定して記録し...

カラダノートひろば

記録・管理の関連カテゴリ

記録・管理の記事ランキング

人気体験談ランキング

生活習慣病のひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る