カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. アレルギー >
  3. アトピー性皮膚炎 >
  4. スキンケア・保湿 >
  5. 毎年症状が繰り返される花粉症には初期療法を!症状別初期療法

アレルギー

毎年症状が繰り返される花粉症には初期療法を!症状別初期療法

 

花粉症は季節性のアレルギー疾患なので、毎年症状が繰り返されることが多く、そのような患者さんには初期療法が行われます。

 


毎年表れる症状を考えて、くしゃみ・鼻漏型鼻閉型に分類されます。

 

くしゃみ・鼻漏型の治療

第二世代抗ヒスタミン薬ケミカルメディエーター遊離抑制薬Th2サイトカイン阻害薬のいずれか一つを使用します。


鼻閉型の治療
ロイコトリエン受容体拮抗薬プロスタグランジンD2・トロンボキサンA2受容体拮抗薬を使用します。

 


治療の開始時期は、第二世代抗ヒスタミン薬に関しては花粉の飛散予測日または症状が表れ始めた日とし、他の薬花粉飛散予測日の1~2週間前からとします。


それ以降は花粉の飛散量の増加に従って症状の重症化がみられる場合は、複数の薬を投与したり増量を行ったりします

実際には早めに鼻噴霧用ステロイド薬を使用するなどの対処が行われることが多いです。


目のかゆみなどが激しい場合は、点眼用の抗ヒスタミン薬ケミカルメディエーター遊離抑制薬が使用されます。

 


花粉症だからといって軽く考えていると重症化することがありますので、早めの薬物治療を行うべきでしょう。
鼻閉型で最重症化して鼻腔形態異常を伴う症状が表れますと手術も必要になってくる場合もあります。気を付けてくださいね。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2012/05/22-362210.php)

著者: りりぃさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

スキンケア・保湿に関する記事

鼻噴霧用ステロイド薬など…花粉症に使用される薬について

  ・Th2サイトカイン阻害薬(アイピーディなど) ヘルパーT2細胞から...

子供の使うものこそせっけんで♪せっけんを使うことでアトピーや慢性湿疹が改善することも!?

  天然の成分で作られる、環境にも肌にも優しい「せっけん」。しかし、なんだ...


せっけん生活のススメ ~ボディケアに使ってみよう!さまざまなせっけん商品をご紹介!

  地球のために、家族のために・・・「せっけん生活」を始めたい!と思っても...

花粉症治療薬の注意点

   花粉症治療薬の使用にあたって特に注意が必要なものを紹介します。  ...

カラダノートひろば

スキンケア・保湿の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る