カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. うんち・おしっこ >
  4. 便秘 >
  5. 病気が原因かも!?「便秘+嘔吐」の症状で考えられる病気の原因とは

育児・子供の病気

病気が原因かも!?「便秘+嘔吐」の症状で考えられる病気の原因とは

赤ちゃんは大人よりも胃が縦長で、筋肉も未発達のため、吐くことがよくあります。

だからこそ、ミルクを飲んだ後に赤ちゃんの体を立てて、ゲップを出させる必要があるのですが、時には注意するべき嘔吐の場合もあります。

 

その嘔吐は危険かも!?

本人の機嫌がよく、特につらそうでなければ嘔吐をしても特に問題ありません。

また、噴水のように吹き出す嘔吐でもなければ、赤ちゃんをちょっと楽にしてあげるくらいでよいのです。

 

しかし嘔吐が便秘と重なっているような場合は、注意しましょう。

赤ちゃんはうんちが数日でないこともしばしばあります。それでも本人の機嫌が良ければ大丈夫なのですが、そうでない場合は軽視できません。

 

便秘と嘔吐が重なっている場合、嘔吐の原因が便秘にある可能性があります。

便秘によって体の中にうんちがたまり、苦しくなって嘔吐してしまうのです。

それは便秘がかなり進んだ状態を示しており、病院で診てもらうことも必要になってきます。

 

もしかしたらその便秘、病気が原因かも…!?

ただ頑固な便秘が原因の場合もありますが、ときには病気が原因になっている場合もあります。

具体的には以下の病気の可能性があります。

 

・先天性十二指腸、小腸閉鎖、狭窄

先天的に、十二指腸または象徴などの一部が切れていたり、狭くなっているものです。先天性のため新生児のときに見つかる病気で、新生児において手術が必要な病気としては多く見られるものです。

 

・ヒルシュスプルング病

先天的に大腸、小腸などの消化器官の動きを制御する神経細胞に異常があり、腸から肛門へ便が動きません。そのため慢性的に便秘になります。

 

・壊死性腸炎

腸管が未発達なために、広範囲の腸管に出血や壊死が起き、死亡率が高くなる病気です。原因は分かっておらず、新生児においては重病のひとつとされています。

 

・腸重積

腸の一部分が重なり合って、腸の中に別の腸が入りこんでしまいます。そのままにしておくと入り込んだ部分の血流がとまり、壊死が起こります。

いずれも、消化器官に問題があり、摂取したものが肛門までとどかず、口に逆流してしまいます。

 

すぐに病院へ!

こうした状態は早めの処置がとても大切です。赤ちゃんの様子がおかしな場合には、すぐに病院でみてもらいましょう。

すぐに診察を受ければ治療の選択肢も変わってきます。赤ちゃんにかかる負担を考えたら、できる限りのことはしてあげたいですよね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

便秘に関する記事

離乳食になったら便秘になった!そんなときは離乳食にこの食材を混ぜみて!

離乳食をはじめてから、便秘になるということがあります。 離乳食が悪いということ...

新生児の便秘!何日で便秘?見分け方、原因と対策について丸わかり!

うんちは健康のバロメーターと言われるため、出ない状態が続くと不安になりますよ...

便秘の体験談

娘の便秘【新生児〜2歳】

現在2歳半になる娘は、生まれた時から便秘でした。 看護師さんの綿棒クルクルで真っ黒な硬い便が出...

ウンチが硬くて痛そうに踏ん張る娘。赤ちゃんの便秘

毎日、しっかりウンチを出している娘ですが、先日、顔を真っ赤にして中腰で踏ん張っていたのです。 よー...

カラダノートひろば

便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る