カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. うんち・おしっこ >
  4. 便秘 >
  5. 赤ちゃんの便秘には綿棒浣腸!どうやって動かしたらいい?綿棒浣腸のやり方&注意するポイント

育児・子供の病気

赤ちゃんの便秘には綿棒浣腸!どうやって動かしたらいい?綿棒浣腸のやり方&注意するポイント

生後6ヶ月くらいから1歳半~2歳くらいまでの便秘には、綿棒浣腸が有効な対処法としてあります。

直接肛門に綿棒を入れるので、はじめてするにはちょっと抵抗があるかもしれませんが、やり方も簡単ですので、誰にでも簡単にできる方法です。

ここでは、赤ちゃんの便秘のときの対処法「綿棒浣腸」についてまとめました。

 

1. 綿棒浣腸ってどうやるの?

綿棒浣腸は大人の綿棒を使います。ベビーオイルなどで綿棒の先を馴染ませ、それを挿入するというとてもシンプルなものです。

初めて挑戦する人はどれくらい入れたらいいのか気になると思いますが、分かりやすい目安として、だいたい綿棒の先の膨らんだ部分が隠れるくらいは入れても大丈夫です。

ちなみになぜ綿棒浣腸が便秘に効くのかというと、肛門から1.52センチくらいのところに、肛門括約筋があり、それを刺激することで排便を促せるためです。

 

2. 綿棒を入れたらどんなふうに動かせばいいの?

肛門のあたりを刺激してあげればいいので、動かし方は色々とあります。

どんな動きが良い刺激になるかは、便秘の状態によっても変わると思いますので、以下の動かし方を参考にしてみてください。

 

ゆっくりと出し入れする

肛門を少しずつ広げるように綿棒をまわす

差し込んだ綿棒を中でゆっくりまわす

挿入した状態で1分程放置する

 

こうした動かし方で、肛門を刺激してあげてください。

 

3. すぐに便が出るの?

綿棒浣腸をしてすぐに便が出てくる子もいますし、時間が経ってから便が出てくる子もいます。

すぐに便が出てくれば分かりやすいですが、時間が経ってから便が出てくる場合には、浣腸が出来ていたのか出来ていなかったのか分からないと思います。

 

そこで刺激の目安を知っておきましょう。

「挿入した後、抜いた綿棒にうすく便の色がついている」のであれば、きちんと刺激が出来ているということです。

もし便が付着してないようなら、もう一度挿入して優しく刺激してあげましょう。

 

注意※便をかき出すのは慎重に!

便秘状態の場合、肛門付近の便が硬くなっていて、それをかき出せばその奥の便が出やすくなることがあります。

そのため、綿棒で手前の便をかき出すこともできますが、これは無理にやらない方がよいでしょう。

というのも、これは摘便という医療行為であり、家庭ではあまり無理に行わない方がよいのです。

 

注意※浣腸は慎重に、無理はしない!

綿棒浣腸は体の中に綿棒を差し込むのですから、刺激するときは慎重に動かしてください。

どうしても怖くてやりたくないという場合、その気持ちが赤ちゃんにも伝わって、赤ちゃんが嫌がることもあります。

 

その場合には無理に行わず、病院などでやってもらうのもいいですし、助産師さんなどにやり方をレクチャーしてもらうのもいいでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

便秘に関する記事

離乳食前の赤ちゃんが便秘に!?ミルク・離乳食によって違う便秘の原因&対処法

「赤ちゃんが3~5日ウンチが出ない…これって便秘かしら?」…離乳食が始まる頃に...

離乳食を始めたら便秘が…便秘の原因は腸の未熟さと水分不足!?赤ちゃんの便秘の対処法

離乳食を始めた途端、赤ちゃんが便秘気味に…。これって病院へ連れて行ったほうがい...

便秘の体験談

うんちの頻度はマイペース、最高記録達成

生まれから生後33日目まで毎日必ずしていたうんちがぱったりと止まり、座薬を使い、生後1ヶ月になって1...

3か月の娘の便秘対策

現在3か月の娘がいますが、便秘になりました。 新生児の時は1日にたくさんうんちをしていたのに2か月...

カラダノートひろば

便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る