カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. うんち・おしっこ >
  4. 便秘 >
  5. 綿棒浣腸で便秘解消!パパママがするときには、こんな注意点を知っておこう!

育児・子供の病気

綿棒浣腸で便秘解消!パパママがするときには、こんな注意点を知っておこう!

赤ちゃんはときどき便秘になります。赤ちゃんが便秘になるというと、なんだか大それたことのように思えるかもしれません。

ですが、赤ちゃんは数日間うんちが出ないこともあるので、それだけで便秘とは言いきれません。

ここでが、赤ちゃんの便秘解消に効果的な綿棒浣腸についてご紹介します。

 

便秘解消に綿棒浣腸!

赤ちゃんが元気で、夜泣きやぐずりなどが激しくないのなら、数日便が出ていなくても、便秘とは言いません。一方で便が出ていなくて、赤ちゃんが苦しそう、つらそう、ぐずっているというのなら、それは便秘です。

便秘の状態を放っておくのは、腸内の環境が悪くなるという意味でも、解消した方がよいです。

 

そんなときにスパッと解決できるのが綿棒浣腸です。

大人用の綿棒を赤ちゃんの肛門に入れ、ゆっくり動かして刺激してあげます。それで便秘が解消するケースは多いです。

 

効果が大きい綿棒浣腸!でもこんなところに注意!

綿棒浣腸は便秘解消の効果が大きいですが、色々と注意点があります。

 

・頻繁には行わない

綿棒浣腸をすると、面白いように便が出てきます。そうするとママの方が癖になってしまって、頻繁に行ってしまうことがあります。

綿棒浣腸自体は子どもの癖になりにくいという特徴がありますが、本来は自然な排便が望まれるのです。

赤ちゃんの排便間隔や、便の状態、お腹の張りなどを総合的に見ながら、きちんと頻度を決めて行いましょう。

 

・出血があったらすぐに中止

浣腸をしていて、出血が見られた場合は量に関わらず、すぐに中止してください。

また出血した場合、当日中に出血が止まれば問題ありませんが、翌日まで出血が続くようならば病院で診てもらったほうがよいです。

もし、当日中に出血が止まっても、数日は浣腸は控えてください。

 

・赤ちゃんの動きに配慮

直接肛門の中に綿棒を入れるということで、赤ちゃんの動きには注意が必要です。必ずしも赤ちゃんがじっとしてくれているわけではありません。

特に1歳ごろになると歩きはじめる子もいますから、急に逃げたりすることも想定しておきましょう。

 

便秘の本当の原因も考えて

浣腸は便秘解消に効果テキメン!ですが、便秘になっているというのは何か体の中に原因がある可能性もあります。

それは消化器官の病気かもしれませんし、ママのおっぱいが出ていないことで便秘が続いているのかもしれません。

 

浣腸で解決するのは一つの方法として、そもそもの便秘の原因について考えることも、忘れてはいけませんね。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

便秘に関する記事

離乳食への移行期は注意!赤ちゃんがひどい便秘から「切れ痔」になることがある!?

便秘の状態のままでいると、やがて肛門に痔が発生することがあります。それは大人の...

赤ちゃんによくある「便秘・嘔吐」…でも二つの症状が合わさったら要注意!

どんな子でも、育児雑誌に載っているように全てが順調に成長してくれるということは...

便秘の体験談

うんちの頻度はマイペース、最高記録達成

生まれから生後33日目まで毎日必ずしていたうんちがぱったりと止まり、座薬を使い、生後1ヶ月になって1...

3か月の娘の便秘対策

現在3か月の娘がいますが、便秘になりました。 新生児の時は1日にたくさんうんちをしていたのに2か月...

カラダノートひろば

便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る