カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. うんち・おしっこ >
  4. 便秘 >
  5. 離乳食への移行期は注意!赤ちゃんがひどい便秘から「切れ痔」になることがある!?

育児・子供の病気

離乳食への移行期は注意!赤ちゃんがひどい便秘から「切れ痔」になることがある!?

便秘の状態のままでいると、やがて肛門に痔が発生することがあります。それは大人の話だけではありません。

お子さんがうんちのときに、お尻付近を痛がったりしていないでしょうか?

今回は、赤ちゃんの痔についてご紹介します。

 

赤ちゃんだって便秘で痔になる

痔というのは何だか大人の病気のように思えるかもしれませんが、赤ちゃんだってなります。

赤ちゃんは離乳食になると、摂取水分がミルクやおっぱいのときと比べて少なくなります。

そのため、離乳食開始をきっかけにして便秘になる子も多くいます。そして離乳食が進んだ生後7か月ごろから4歳ごろまで、痔の症状が出てくることがあります。

 

赤ちゃんが痔になるとどんな症状?

肛門はオムツ替えのときに目にしますから、1日に数回は確認していると思います。しかし中に病変がある場合には、毎日見ていても気づきません。

そこで痔になったときの症状を確認してみましょう。

 

・うんちを嫌がる

・便に鮮血がつく(点状や糸くず状)

・肛門を左右に開くと12時方向または6時方向に切れている部分がみえる

 

こうした点を確認してみて下さい。

ちなみに便に鮮血が混じっていても本人が特に機嫌を悪くしているなどないなら、心配はいりません。

 

最後の症状を見てみると分かる通り、赤ちゃんによくある痔はいわゆる切れ痔です。

痔というと、いぼ状になったり、痔ろうという状態になったりしますが、赤ちゃんには裂肛、つまり切れ痔のケースが多いです。

 

なぜ赤ちゃんが痔になるの?

便秘によって痔になると書きましたが、その理由は、便秘によって硬い便ができることによります。

大人でもそうですが、うんちが何日も出ない状態が続くと、腸内でうんちの水分が奪われてしまい、硬い便になります。

それでようやく出そうとすると、固くて出しにくいのです。それを無理やり出すことで、肛門が傷つき、切れ痔になってしまうのです。

 

そもそもの便秘の治療が必要

切れた部分に軟膏などを塗るのも大事なのですが、大元の原因は便秘です。

裂肛があるときには痛みでうんちをするのを嫌がったりもしますので、薬によって便を柔らかくすることも必要です。

もちろん薬だけではなく、日々の生活の中で便秘にならないようにしていくことは必須になります。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

便秘に関する記事

赤ちゃんによくある「便秘・嘔吐」…でも二つの症状が合わさったら要注意!

どんな子でも、育児雑誌に載っているように全てが順調に成長してくれるということは...

便秘になりやすい赤ちゃん。なんとかしてあげたいというママにおススメの対処法

新生児のドラブルの一つが便秘。赤ちゃん自身は便秘でも何も言わないので、ママパ...

便秘の体験談

娘の便秘【新生児〜2歳】

現在2歳半になる娘は、生まれた時から便秘でした。 看護師さんの綿棒クルクルで真っ黒な硬い便が出...

ウンチが硬くて痛そうに踏ん張る娘。赤ちゃんの便秘

毎日、しっかりウンチを出している娘ですが、先日、顔を真っ赤にして中腰で踏ん張っていたのです。 よー...

カラダノートひろば

便秘の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る