カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. トイレトレーニング >
  4. トイレトレーニングは男女によって違う?男・女児の排泄時の介助、指導の仕方の違いとは

育児・子供の病気

トイレトレーニングは男女によって違う?男・女児の排泄時の介助、指導の仕方の違いとは

男性と女性で排泄の仕方に違いがあるのは大人であれば誰でも知っています。

しかし、それはトイレ・トレーニングの段階から強く意識して教える必要があるのでしょうか?

 

トイレ・トレーニング開始時は...

 男女で排泄の仕方は違いますが、子どものトイレ・トレーニング開始時から性別を強く意識する必要はありません。

もちろん子どもの発達過程において違いを意識してすすめていく時期はおとずれますが、開始時に性別だけで方法が異なる、ということはないでしょう。

 

トイレへの誘い方、褒め方など、性別ではなく個人個人の性格にそって変えていく、というのが正しいでしょう。

 

しかし、男女では排泄の仕方に違いがあり、それを少しずつ指導していくことも必要になってきます。

 

男女の排泄時の違い

 やはり男女の排泄時の大きな違いは、立ってするか、座ってするか、になるでしょう。女の子の場合はトイレに座ることから始まり、そのままのスタイルが大人になっても続きますが、男の子の場合ゆくゆくは立ってする、いわゆる立ちションスタイルへと変わっていきます。

 

女の子の排泄時のポイント

 女の人は排尿時も拭く、ということが男の人との大きな違いでしょう。女の子の場合、その拭き方に注意してすすめていくと良いでしょう。


拭き方は、トイレットペーパーをトントンと押し当てて拭くか、前から後ろへと拭いてあげるようにしましょう。

後ろから前へ拭くと大腸菌が膣の中に入ってきて感染症をおこす危険性があるのでやめましょう。

 

男の子の排泄時のポイント

 開始時はそれ程気にする必要はありませんが、おちんちんの向きにだけ注意しましょう。肌とくっついていたり、正しい方向に向いていないとうまくいきません。


また男の子の場合は、ゆくゆくは立ちションへと移行していくのを考慮しておちんちんを持つことを少しずつ教えていくのも良いでしょう。

 

立ちしょんのすすめ

男の子限定になりますが、ゆくゆくは立ちションスタイルをおすすめします。

最近は排尿時にはねたりすることを嫌い、大人の男の人でも座ってする人が増えてきているようですが、やはり外出時や小学校に入ってからのことを考えて、立ってできるようにした方が、子どもにとっても負担がないでしょう。


立ちションへ移行のタイミングは、
・ 自分でズボンやパンツをおろせる
・ 自分でおちんちんが出せて、持つ事ができる

 以上のことができるようになってからが良いでしょう。


後はまわりの男の人が立ってする姿を見せたりするのも移行するにあたっては良い刺激になるでしょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: zereさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トイレトレーニングに関する記事

【おむつはずれ】2歳からの本格的なおむつはずれの進め方

お母さんと子どもにとって、ひとつの大きな成長のステップと言えるのが「トイレト...

プレおむつはずれ!よくある!?トイレトレーニングのありがちな失敗まとめ

トイレトレーニングの進め方は、こどもひとりひとりにとって本当に個人差がありま...

トイレトレーニングの体験談

トイレトレーニングまずは雰囲気作りから!

トイレトレーニングをよくすすめるのに良い方法は、トイレがまずは楽しいところだと思ってもらえることが大...

トイレトレーニングの道のり!先は長い...。

息子のトイレトレーニングを始めたのは1歳8か月頃からでした。トイレトレーニング開始補助便座にしようか...

カラダノートひろば

トイレトレーニングの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る