カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 高血圧 >
  4. 記録・管理 >
  5. 家庭高血圧計の「正しい測り方」 上腕式タイプの正しい使い方を知っておこう

生活習慣病

家庭高血圧計の「正しい測り方」 上腕式タイプの正しい使い方を知っておこう

家庭に血圧計はありますか?

高血圧を発症しているという人ももちろんですし、糖尿病の人や動脈硬化症の人なども血圧を家庭で測っているかもしれません。

 

多くの人が使用する上腕式の正しい使い方

おそらく家庭用の血圧計を持っているという人の多くが、腕に腕帯をまくタイプの血圧計を使っているでしょう。

とくに生活習慣病などを発症している人は、この血圧計の方が正確に測定できるので推奨されます。

 

ここではこの上腕式の血圧計を想定して、家庭用血圧計の正しい使い方を書いていきます。

 

測るのは朝晩2回ずつ

今推奨されている方法としては、朝晩にそれぞれ2回血圧を測定することです。2回測ってその平均を記録するのです。

血圧は測るたびに数値が異なり、多くは測るたびに数値が下がります。そのことも考慮して2回が推奨されているのです。

 

ただし、測るたびに数字が小さくなるからと言って、何度も繰り返し測るのはダメです。

 

朝は起床後1時間以内、排尿後、服薬前、朝食前

晩は就寝前

なるべく血圧への、他の影響を少なくするための条件です。これらを守って毎日同じ時間に測定しましょう。

 

計測前はリラックスタイムを

計測の前はあわただしくせず、心と体を落ち着けてから行いましょう。1分から2分くらい深呼吸などして、落ち着いてください。

 

必ず椅子に座って

前かがみにならないように

肘は机に乗せて固定

 

病院でもそうだと思いますが、血圧を測定するときには必ず椅子に座った姿勢で行います。

というのも特に高血圧症の人や糖尿病の人は、立つと血圧が低下しやすいため、正確な値が計測できません。

 

腕帯をつけたら、それが心臓の高さになるよう、肘を机などに乗せて固定してください。

 

時間にして数分、だからきちんと行いましょう

準備などの時間を入れても、全部で数分です。その数分をきっちりこなすことで、正しい血圧を測定でき、病院での重要な判断材料になります。

 

毎日のことでなあなあになってしまわないように、日々正しい測定に気を使いながら、計測と記録をしていってください。

 

血圧を測った後はアプリで血圧値を記録しましょう

血圧を自分で計るのはいいけど、記録するのが手間だから続かない…

そういった声もよく耳にします。手軽にできなければ毎日の継続は難しいですよね。

そんな方にはスマホアプリがおススメです。血圧値を記録するだけで、自動でグラフ化、朝晩ごとの数値はもちろん、平均値などもすぐに確認できます!

アラーム時間を設定しておけば、毎日決まった時間にお知らせが来るので計り忘れや時間のばらつきも解決してくれます。この機会に始めてみませんか?

 

 

DLはこちらから

血圧ノート- 血圧変化をスマホで記録!グラフ化も簡単-

 

(Photo by:pixabay、著者 )

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

記録・管理に関する記事

実は危険が潜んでいる!?朝の血圧を知るのはとっても大事なことなんです

会社の健診などで、血圧を測ることがあると思います。普段血圧を測ることがないとい...

血圧を測定して直ぐに入力出来るので便利!血圧アプリのいいところ

「血圧ノート使用体験談」でお寄せ頂いた体験談を紹介していきます。60代女性の...


「余計に治療費がかかる」「薬が増える」…血圧値をごまかすとこんなデメリットがあるんです!

血圧というのは、測るたびに違う値がでますよね。 これはささいなことで血圧の値が...

血圧の日内変動を知るのはどんなメリットがある?医師と患者、双方のメリットとは

  血圧というのは、心臓が血液を押し出すときの圧力のことです。 心臓は今こうして...

カラダノートひろば

記録・管理の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る