カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. お手入れ >
  5. 永久歯に影響するから乳歯のケアは重要です!歯磨き以外の乳歯のケア方法

育児・子供の病気

永久歯に影響するから乳歯のケアは重要です!歯磨き以外の乳歯のケア方法

 

乳歯は結局抜けてしまう歯ですから、乳歯はそこまで大事ではないでしょうか?

男の子でも女の子でも、歯並びが良ければ、その人の印象はよくなるもの。

ですから親御さんとしては、将来わが子の歯並びをできればよくしてあげたいと思いますよね。

ここでは、永久歯に影響する大切な乳歯のケアについてまとめました。

 

乳歯のケアは永久歯に影響

最初に赤ちゃんのあごの大きさに合った乳歯が生えて、その後大人の歯である永久歯が生えてきます。乳歯は結局残らない歯のわけですから、特別大事にしなくても大丈夫なのではないかと思う人もいるでしょう。

しかし、そうではありません。乳歯が生えている場所の下には、将来永久歯になる歯の卵がすでにあります。

もし乳歯が虫歯になったとしたら、その虫歯が永久歯に感染するということも十分にあるのです。

 

歯磨きができないときの乳歯のケア方法

乳歯が1本くらいならば、まだ本格的な歯磨きという感じでもないと思います。ですが、こんな時期であっても乳歯のケアをすることができます。

 

・哺乳ビンで甘いものを飲ませない

哺乳ビンでミルクを飲ませるのはよいですが、ジュースやイオン飲料などの甘いものはよくありません。

というのも、哺乳ビンで甘いものを飲ませると、上の歯の周辺に飲み物がたまってしまって、虫歯になりやすいのだそうです。

 

甘いものを与えるときにはコップやスプーンで与えるようにし、哺乳ビンで与えるならばお茶などの水分にした方がよいでしょう。

 

・口周りの筋肉やあごを鍛える

歯の健康のためには、歯自体も大事ですが、咀嚼する機能や、正しい鼻呼吸を身につけさせることも非常に大切です。そのためには、口周りの筋肉やあごをバランスよく鍛えることが必要なのです。

だからと言って特に特別なことが必要なわけではありません。

おっぱいを飲んでいるなら、しっかりと飲ませることがトレーニングになりますし、ミルクを飲んでいるなら、乳首のタイプをその子に合ったものにしてあげることでトレーニングになります。

 

離乳食の場合は、栄養だけではなく、歯の発達に合わせて、よく噛んで食べる習慣をつけさせることもトレーニングです。

 

そのときにできることをしっかりと

「まだ乳歯だから大丈夫かな」「まだ1本だから大丈夫かな」など、知らなければ大人の感覚で軽視してしまうかもしれません。

しかし、子どもにとっては小さなひとつひとつのことがとても大切だったりもします。パパママは赤ちゃんの小さな成長を、大切にしてあげてください。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-27掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

お手入れに関する記事

もし虫歯になってしまったら・・子どもを歯医者に行かせる対処法

虫歯は虫歯菌の量、歯の質や唾液の量によって人それぞれ虫歯になりやすさが異なり...

甘いものを控えて、歯磨きもしていたのに子供に虫歯が…子どもが虫歯になる意外な原因とは?

子どもは成長するにつれて、母乳から離乳食、そして普通の食事へと食べるものがどん...

お手入れの体験談

子どもの虫歯。虫歯菌には要注意

生まれた時は子どもの口の中には虫歯菌がないんですよね 生活をして行く中でいつの間にか虫歯菌が入...

歯磨きスタート

6か月ころから下の前歯が生え始め、8か月ごろから上の前歯、犬歯4本が一斉にでてきました。歯磨きスター...

カラダノートひろば

お手入れの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る