カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 歯の悩み >
  4. 歯並び >
  5. 乳歯の歯並び=永久歯の歯並び?子どもの歯並びのために、家庭でできる対策とは?

育児・子供の病気

乳歯の歯並び=永久歯の歯並び?子どもの歯並びのために、家庭でできる対策とは?

ある程度乳歯が生えそろったときに、お子さんの歯並びについて気になってきていないでしょうか?

まだ小さいときには、これから大きく成長すると考えていても、いざ永久歯がせまってくると、歯並びが心配になってくると思います。

 

乳歯の歯並び=永久歯の歯並び?

乳歯もある程度生えそろってくると、永久歯が生えたときのことを想像します。

乳歯は永久歯よりも小さく、乳歯のときに歯と歯の間に隙間がたっぷりとあることで、永久歯が生えてきたときにきれいに並ぶことができます。

 

しかし乳歯の段階で歯並びが悪いということは、歯に対して「あごが小さい」ということです。

そうなると、永久歯が生えてきたときに、その歯並びも悪くなってしまう可能性があります。

 

家庭でできる歯並び対策

もちろん矯正という方法もあります。ただ、それ以外でも歯並びをよくする可能性はあります。

歯並びの悪さの原因が「あごの小ささ」ならば、あごを重点的に育てればいいのです。

永久歯に生え変わるまでですから、こどもはまだまだ成長途中です。そこからあごを意識して育てていけば、ある程度改善ができるかもしれません。

 

具体的にあごを成長させるためには、「よく噛む」ことです。たくさん噛むことで、あごの増骨細胞が育まれ、あごを成長させることができるのです。

気長にする対策ですが、パパママ、そしてお子さん自信が頑張っていく必要があります。

 

具体的によく噛むってどうするの?

よく噛むといっても、何もないときにガチガチと歯を動かせという意味ではありません。基本的には食事のときに、咀嚼をたくさんする必要があります。

 

特に最近は、口当たりの良く柔らかい食べ物が多く、それが好まれる傾向もあります。

特に子どもが好むような食べ物はあまり噛まなくても食べられるものが多いですよね。

 

しかしそうしたものばかり食べていると、あごは成長していきません。

むしろどんどん華奢なあごになっていってしまい、歯が重なりやすく、歯並びが悪くなります。

そのため、できるだけ小さいうちから、硬いものを食べさせるようにしてください。

おやつならばお煎餅、カレーを食べるときは具をかなり大きめに切る…など対策ができます。

 

最近は歯並びの悪い子が増えています

最近は食生活の変化からか、あごが細く、それによって歯並びが悪くなってしまっている子が増えています。

矯正をするのは簡単なことですが、お金もかかりますし、なによりも健康に成長していくための、子どもへのプレゼントという意味で、あごの発達に注意してあげてみてはどうでしょうか?

 

(Photo by:pixabay

 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-04掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

歯並びに関する記事

乳歯の歯列矯正はいつから始められる?子どものうちに始めた方がお得?

子供の頃、歯列矯正のワイヤーを着けていたり、また友達が着けているのを見たこと...

子どもの不正咬合の6つの種類 反対咬合、上顎全突、叢生、交叉咬合、開咬、過蓋咬合…

子供の歯並びの形態や機能、発育などに何らかの原因で異常がおこり、歯が正常に噛...

歯並びの体験談

おしゃぶりっていいの?だめなの?

おしゃぶりのだめなところばっかり気になる人って結構いると思います。 私は産後すぐ、自分のベビーが病...

すきっ歯だけど大丈夫??

3人子供を産んで、3人目の娘ちゃんだけが上下すきっ歯なんです。 初めてのことでこの先ずっとすき...

カラダノートひろば

歯並びの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る