カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. 育児のコツ >
  6. またすねちゃった・・・どうしたらよかったの!?

育児・子供の病気

またすねちゃった・・・どうしたらよかったの!?


お子さんのためを思って言ったのに、すねてしまったなんてことはありませんか?我が子ながら、言葉で伝えていくのって難しいですよね。

 

お子さんへの伝え方、接し方のコツを紹介します。

 

■伝え方を工夫しよう

お子さんへの伝え方、どうしていますか?頭ごなしに「○○しなさい!」と伝えていませんか?それでは、お子さんには伝わりません。むしろ、すねたり、やる気を損ねてしまいますよ。

 

「お母さんはこう思うよ」「○○してくれたら嬉しい」などと伝えると、お母さんは自分の考えを述べているだけなので、否定も何もなく、お子さんはすんなりと聞いてくれます。

 

このような伝え方は、相手の意思や考えを尊重する心が溢れた言葉がけです。いつでもこんな風に伝えられると、子どもの反発心を招くことが少なく、自発的に考えて行動できるようになっていくそうです。

 

■お子さんの気持ちに耳を傾ける

お子さんの話を最後まで聞きましたか?話の途中で親の考えを伝えたりはしていませんか?

 

忙しくて、つい口をはさんで話を最後まで聞いてあげなかったり、お子さんを否定するようなことをしていたら、お子さんも話をする気が失せてしまいます。どんなに忙しくてもじっくりと話を聞いてもらえる子は、心が満たされ、人の話を聞ける子に育っていくそうです。

 

話を聞いてもらえなくて育った子は、表情が乏しく、人の話を聞かない子になってしまうそうです。お子さんがすねてしまう原因の多くは親にあると言われています。関わり方を少し見直してみてはいかがでしょうか。

 

■すぐになんとかしようとせず、見守る

すねてしまったお子さん自身も、自分でどうして良いか分からなくなってしまうことがあります。まだ、幼くて感情のコントロールも難しい時期です。

 

少し時間を置いてから、そっとお子さんを抱っこしてあげたり、違うことに目を向けてあげるきっかけを作ってあげましょう。そうすることでお子さんの気持ちも落ち着き、気持ちの切り替えができますよ。

 

お子さんはどんなに小さくても、自分の考えをしっかりと持って生きています。一人の人間としてお子さんの気持ちを尊重し、接していくことが大切ですよ。

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-08-02掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

育児のコツに関する記事

孫をかわいがる義父母…かわいがるあまり勝手に●●してくる義父母への対処法とは?

  深刻な嫁姑問題に発展することがある問題のひとつに、孫に対する過干渉がありま...

ママの悩みのタネ…赤ちゃんの「背中スイッチ」を作動させないポイントはこれ!

長時間かけて抱っこで寝かしつけても、布団に置いたとたんに赤ちゃんの「背中スイ...

育児のコツの体験談

生後10日目ごろ・・・反り繰り返りが気になる

入院時から気になっていましたが、息子は私が抱くと、身をよじって落ちそうになりました。それはだんだん派...

子育てに向いてないと思うママがちょっとラクになった言葉

私は子育てに向いてない性格だとつくづく思います。 というのも、いまの悩みが、 ※在宅で仕事してて...

カラダノートひろば

育児のコツの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る