カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす

育児

子どもにもある自家中毒

 

ストレスなどによって腹痛や吐き気に悩まされるのが自家中毒です。
子どもの自家中毒について見ていきます。


●自家中毒はわからないことが多い


自家中毒の原因は正確にはわかりません。
緊張感が高くなると自律神経のバランスが乱れ、そこから体の異変をきたすとする説が一般的なので、自律神経系の病気と考えられています。
自家中毒の発症年齢は3歳くらいから10歳くらいまでで、自然に治る場合も多いです。
確実に言えることではありませんが、神経質、人見知り緊張しやすい性格の子の方が自家中毒になりやすいと言われています。


●自家中毒の対応


自家中毒は、ブドウ糖の点滴水分補給で治療できます。

ですが、自家中毒の裏には自律神経の乱れなどがかかわっており、対症療法だけでは本格的な治療とはいえません
根本から自家中毒を起こさないようにするには、子どもに上手にストレス解消を促すことが大切です。


緊張する場面では親がサポートする、ストレスを発散できる趣味などを一緒に探してあげるなど、精神的なサポートで自家中毒を防ぎましょう。


●自家中毒? 感染症?


自家中毒は発熱を伴わないのが一般的です。
嘔吐はあっても発熱や下痢はなく、数日間で治るという場合には自家中毒の可能性が高いです。


ただ、これも絶対ではないので病院を訪れて診察を受けることをおすすめします。

 

(Photo by http://www.ac-illust.com/main/detail.php?id=38737)

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

自家中毒(周期性嘔吐症)に関する記事

自家症状の原因は“親”?!意外すぎる原因とは【前編】

  自家症状を引き起こす原因は精神的なストレスであったり、イベント事の前日...

自家中毒の症状を起こしてしまった時の対処法は?

  子どもが自家中毒を起してしまったとき、周りにいる親はどのように対処をす...

病気と症状の体験談

脂漏性湿疹のケア~保湿が大切、私が使った保湿剤

1ヶ月過ぎたあたりから、赤ちゃんのおでこや眉毛部分に黄色いかさぶたが付着するようになりました。 ...

RSウイルスで入院

入院中(>_<)生後すぐ、まさかの入院出産し、晴れて母子共に退院してから数日後…生後10日くらいで、...

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る