カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. PMS・PMDD >
  5. 基礎知識 >
  6. PMSとPMDDは何が違う?決定的に違うから、何科に行くのかも違います!

女性のカラダの悩み

PMSとPMDDは何が違う?決定的に違うから、何科に行くのかも違います!

月経前はなにか症状が出るでしょうか?人によっては、だるさや眠さ、腰痛などの症状が出てきて「あ、生理になるな」と感じる人もいるでしょう。生理が来るのを予知できる人もいるくらい、月経は体に大きな影響を与えます。

 

PMSとPMDD

このふたつを聞いたことがあるでしょうか?知らなくても、自分が当てはまるという人もいると思います。日本語にすると、PMSは「月経前症候群」PMDDは「月経前不機嫌性障害」と言います。PMDDは月経前不快気分障害と言われたりもします。PMSがより深刻になるとPMDDと診断されます。

 

具体的な症状としては、PMSでは、月経前の期間に腰痛、腹痛、乳房の痛み、むくみ、便秘、下痢、吐き気、イライラ、不安感、過眠などの症状が見られるようになります。

 

いっぽう、PMDDでは、月経の周期に合わせて強い精神症状が見られます。自殺願望やヒステリックになるなど、うつ病と同様の重い症状が見られるのです。この精神症状は、つらいのを我慢するという程度ではなく、生活に支障が出るほどです。

 

それぞれ何科を受診すればいいの?

いずれも月経に付随して起きる症状です。月経じたいは病気ではないにしても、それによって嫌な症状が引き起こされ、生活に影響がでるのであれば改善すべきです。では、それぞれの症状の場合、何科を受診すればよいのでしょうか?

 

・PMSは婦人科

PMSは程度の差があります。これにより生活に支障があるようなら、婦人科に相談してみましょう。PMSは、特に器質的な原因がないこともありますが、子宮や卵巣の病気が原因で引きこされていることもあります。そのため、きちんと婦人科で診てもらった方がよいのです。

 

ちなみに、PMSの治療では、おもに低用量ピルの処方が主流です。ホルモンの急激な変化をおさえることで、症状をゆるやかにします。

 

・PMDDは精神科や心療内科

月経にともなって起きるとはいえ、PMDDの症状はうつ病と同じです。そのため自分を傷つけてしまったり、自殺の願望が強くなるといった危険がありますから、専門の精神科や心療内科といったところを受診してください。治療もうつ病などと同じで、カウンセリングや抗うつ剤の処方などで精神状態を安定させます。

 

精神症状が強ければ注意

性格的にがまん強い人などは、PMDDの症状が出ていてもPMSと解釈して、病院に行かないかもしれません。ですが、どちらの場合であっても、生活に影響が出れば、その時点で病院に行くべきなのです。

 

どちらなのか判断できなければ、月経にともなって見られるという点から、婦人科で相談してみましょう。そこから婦人科の先生がPMDDと判断すれば、精神科などの受診をすすめてくれるでしょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

基礎知識に関する記事

大げさなんて思わないで!PMSでの婦人科受診

自分はPMSなのではないか、という疑問を持ったら婦人科の受診を視野に入れてみ...

女性のからだの悩み「月経前症候群(PMS)」とは?

■不快症状はむくみが原因? からだのトラブルの多くはむくみによるものです。 排...


病気の早期発見を!PMSと子宮の病気を見分ける

子宮の病気とPMSは、直接的に関係があるわけではありません。しかし、身体的症状...

重い精神的症状…それはPMDD・月経前不快気分障害かも?

PMS・月経前症候群の症状が、もっともっと重くなると別の呼び方をされるように...

カラダノートひろば

基礎知識の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る