カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 更年期の月経異常はどんな経過で訪れる?普通の月経→閉経までの一般的な流れ

女性のカラダの悩み

更年期の月経異常はどんな経過で訪れる?普通の月経→閉経までの一般的な流れ

年齢が上がってくると、更年期の可能性が出てきて、不安に思う方も多いのではないでしょうか?閉経が近づくと、それまで当たり前のように来ていた生理に変化が見られます。

 

月経異常は更年期のはじまり?

生理はコンスタントに来るものですから、それに異常が生じるというのは、更年期のひとつの目安としてわかりやすいと思います。とくに40代後半あたりから生じる月経異常は、更年期のはじまりの可能性が高くなります。

 

どんな風に月経異常が訪れる?

閉経までの月経の変化は、以下のような経過をたどるパターンが多く見られるようです。

 

これまで通りの月経

頻発(ひんぱつ)月経になる(月経から次の月経までの間が24日以内)

過多(かた)月経(出血が8日以上続く)

あるいは過少(かしょう)月経になる(月経の期間が3日未満)

稀発(きはつ)月経になる(月経から次の月経までの間が36日以上)

月経がきたりこなかったりするようになる

あるいは不正出血がある

閉経

 

もちろん、すべての人がこの経過で閉経を迎えるわけではありません。ただ、40代くらいでこうした変化が見られるようになったら、それは閉経に向かっているものと考えてもよいでしょう。

 

ただし、閉経じゃない場合も考えておく

月経異常や不正出血というのは、閉経によって起こるものだけではありません。こうした月経の変化は、子宮筋腫や子宮ガン、子宮内膜症などでも見られる症状です。

 

特に、年齢が上がってくれば、こうした病気を発症する可能性も高くなっていきます。月経異常などが見られたら、他の症状もあわせて考え、少しでもおかしいと思ったら産婦人科で診てもらった方がよいでしょう。

 

普段から準備を

更年期の月経異常は、とつぜん始まることもあります。いつもの生理だと思っていたら、急に出血量が多くなったり、いつもより出血の期間が長くなったりということがあります。そのため、普段からナプキンを多めに持ったり、多く吸収できるナプキンを備えておいた方が安心です。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

症状に関する記事

更年期後半に感じる背中・背骨の痛み…原因は血行不良?脊椎の変形?

更年期障害では実に様々な症状が起こります。 ほてりやのぼせ、イライラといった症...

近年増加中!10代でもPMS症状が出る訳とは

10代の女性は、PMS人口の全体から見るややPMS症状が出にくいと言えます。...


更年期障害の初期症状と対処法を知ろう!

更年期とは、閉経をはさんだ前後10年のことをさします。人によって時期は様々です...

更年期の中期から後期にかけて起きる「足のだるさ」症状 なぜ足がだるくなるの?

更年期の症状としてはあまり聞かないかもしれませんが、「足がだるい」と訴える人が...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る