カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 更年期の頻尿は病院へ行くべき?目安は「痛み」と「日常生活」

女性のカラダの悩み

更年期の頻尿は病院へ行くべき?目安は「痛み」と「日常生活」

更年期には、さまざまな変化が体にあらわれますよね。いちばんは月経がなくなることですが、それにともない生活に支障が出るような変化も起こってきます。そのひとつが頻尿です。

 

頻尿はだれにでも起こる変化

更年期になると、ホルモンのバランスがくずれます。これにより膀胱や尿道の弾力が失われ、尿量が少ないのに尿意を感じるようになります。また、ホルモンのバランスがくずれることで、自律神経が乱れ、膀胱が過剰に収縮してしまいます。

 

さらには、尿道を引きしめる骨盤底筋が加齢によっておとろえることも、頻尿になる原因のひとつです。このように、更年期になると起こるさまざまな体の変化から、頻尿になるのです。

 

頻尿で病院に行くのは?

更年期になって見られる頻尿は、歳をとれば、ある意味当然の現象です。頻尿に関しては、骨盤底筋をきたえたりして改善することができます。では、頻尿で病院に行く目安とはどんなものでしょうか?

 

痛みをともなう

排尿時に痛みや違和感がある場合は、更年期だけが原因ではないかもしれません。膀胱炎や尿道炎などの可能性も出てきます。

 

そもそも更年期の膀胱や尿道というのは、若い時よりも感染が起こりやすくなっています。そのため、更年期だからと結論づけず、早めに病院で診てもらいましょう。

 

日常生活に支障が出る

たんなる頻尿でも、常にトイレのことが気になってお出かけができないとなれば、日常生活の質が下がってしまいます。そんな場合も、お医者さんに相談してみて下さい。

 

水分摂取量を少なくするのはNG

よく頻尿対策としてやってしまいがちなのが、「水分の摂取量を減らす」ということです。夜中にトイレで起きたり、出かけた際にトイレのことばかり考えてしまうのはいやでしょう。しかし、水分の摂取量をきょくたんに減らすと、血流が悪く、血がドロドロになってしまいます。この状態は、血栓によって血管をつまらせたり、脳梗塞や心筋梗塞の原因になります。この対策は、たいへん危険ですのでやめましょう。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

症状に関する記事

更年期になると膣(ちつ)が萎縮する!?萎縮性膣炎(いしゅくせいちつえん)で見られる症状!症状が強ければ治療を

膣(ちつ)は、外に対して開かれたところにあるため、不衛生になりやすく、感染がお...

更年期のめまい症状はなぜ起こる?更年期めまいの種類と他の病気の可能性とは?

40代、50代になって「めまい」を感じるようになったということはないでしょうか...


衝撃の事実!PMSによって多くのカップルが破局している

PMSは、恋人間にも大きな影響を与えます。 なんと、多くのカップルの破局原...

更年期のせいで子宮が出てきた?!なのに治療は必要ないの?

年齢が上がると、どうしても筋肉がおとろえていきますよね。それによって、足が上が...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る