カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 「くしゃみで」「まにあわなくて」…更年期の尿もれ2タイプ

女性のカラダの悩み

「くしゃみで」「まにあわなくて」…更年期の尿もれ2タイプ

 

更年期になると、「尿」に関するトラブルが増えます。尿道をしめる筋力の低下、自律神経の乱れ、ホルモンバランスのくずれなど、原因はさまざまなところからやってきます。

 

更年期で起こる尿失禁(にょうしっきん)

尿失禁とは、自分が意図していないのに尿がもれてしまう状態のことをいい、立派な病気です。病院で治療することもできるのですが、はずかしさや病気という認識の低さからか、病院で治療を受けている人は少ないといいます。

 

特に、尿失禁は生活の質を大きく左右するものです。質が下がるのであれば、それだけで治療を受ける意味がありますから、きちんとお医者さんに行った方がよいのです。

 

尿失禁の種類

ひとことで尿失禁といっても、いくつかの種類があります。どんな種類があるのか見てみましょう。

 

・腹圧性(ふくあつせい)尿失禁

これは「くしゃみやせきをしたとき」「大きな声を出したとき」「立ち上がったとき」などに起こる尿失禁です。

つまり、腹圧が加わったときに、膀胱が圧迫されて尿がもれてしまうのです。

 

これは、子宮や膀胱を、下から持ち上げるように支えている骨盤底筋という筋肉が弱くなることで起きます。

分娩のときにもダメージを受けるので、2人以上の子どもを出産した女性が、更年期になって筋肉の老化をより感じることが多いようです。

 

・切迫性(せっぱくせい)尿失禁

これは「トイレに着くまで尿をがまんできない」という尿失禁で、大脳からの指令にトラブルが生じて起こります。膀胱の筋肉は、そのままではつねに収縮しようとします。

これを弛緩(しかん)させて、尿をためておくように指令するのが大脳です。しかし、膀胱が過度に緊張していたり、指令がうまく伝わらないと、切迫性尿失禁になってしまうのです。

 

あきらめずに解決策を

尿失禁の症状があると、外出をひかえて引きこもりがちになったり、活発な運動ができなくなります。

生活ひいては人生に大きな影響をあたえかねません。筋肉をきたえたり、泌尿器科に相談するなどして、適切な解決方法を探っていきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

緊張型頭痛、偏頭痛…更年期になって悪化する頭痛症状まとめ

更年期症状として代表的なものの一つが「頭痛」です。 頭痛は日本では多くの人が、...

これって若年性更年期?もしかして早発閉経なの?早発卵巣不全について

近年、若い女性が閉経になる早発閉経が20~30代で広がっていると言われています...


更年期の睡眠トラブル…原因は更年期に限らない!?○○摂取で解決できるんです

年齢を重ねると「寝つきが悪くなった」「朝早くに目が覚めてしまう」ということがあ...

更年期になったからこそシミ対策が必要!更年期にするべきシミ対策とは?

更年期にさしかかってくると、シミの出現が気になってこないでしょうか? シミの原...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る