カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 子宮が出てくる!?更年期にこんな症状がみられたら子宮脱かも!

女性のカラダの悩み

子宮が出てくる!?更年期にこんな症状がみられたら子宮脱かも!

  

膣から、子宮が体の外に出てきたとなったら、どんな大それた病気だと思うでしょう。

 

子宮だけでなく、子宮周辺の膀胱や膣といった、骨盤の中にある臓器が出てきてしまうこともあります。

 

更年期で起こる子宮脱

更年期になると女性ホルモンであるエストロゲンの分泌が低下します。

エストロゲンの分泌低下は、膣や子宮の健康状態が低下することや、膣や子宮を支える骨盤底筋の働きが低下することを意味しています。

 

この骨盤底筋の衰えというのは大きな問題で、これによって支えられている子宮や膀胱は、どんどんと下に下がっていってしまうということになります。

そして下がりすぎた結果起こるのが「子宮脱」で、子宮が膣から外に出てしまうのです。

 

子宮脱は単体で起こらないこともあり、子宮前方にある膀胱やと一緒に外に出る膀胱脱、子宮後方にある直腸と一緒に外に出る直腸脱を伴うことも多くあります。

 

子宮脱ってどんな症状

子宮がまるっきり外に出ていなくても、子宮がどんどん下に降りてきているというのはどんな症状なのでしょうか?

 

・頻尿になる、あるいは逆に尿が出づらくなる

・完全に尿が出なくなり、下腹部が苦しくなる

・くしゃみなど、お腹に力を入れたときに尿漏れする

・陰部の異物感

・陰部が引っ張られているような感覚、重苦しい感覚がある

・膣のあたりが飛び出ている

・腹圧を入れたときに子宮が飛び出てくる感じがする

・膣口から何かが出っ張っている自覚がある

・横になると楽になる

 

排尿に関することは子宮が下りてきていることによる、二次的な症状ですが、いよいよ子宮が膣の入り口に近づいてくると後半のような具体的な自覚がみられてきます。

 

また、実際に子宮が外に出てくると、手で触って「何かがある」とも自覚でき、そうなると下着に血液が付着したり、擦れた部分が炎症を起こして痛いなどの症状も出てきます。

 

最後の「横になると楽になる」というのも、よく見られる症状で、子宮が重力に従って下に落ちてきてしまうため、横になっているときには症状が出ないのです。そのため午後の方が症状が強く出る(重力による影響を多く受けた結果)という訴えも特徴のようです。

 

ただ、まだ子宮が下垂してきている段階ではほとんどが無症状である場合も多いようです。

 

肥満の人は注意!

更年期は誰にでもやってきますし、年齢によって筋肉が衰えていくのも当然です。

そのため誰にでも子宮脱の可能性があるのですが、中でも肥満気味の人は注意をした方がよいでしょう。

 

当然体重が重い方が、重力の影響をたくさん受けます。

子宮脱対策を自分でするならば、体重を減らすこともひとつの方法だと知っておいてよいでしょう。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

症状に関する記事

更年期のめまい症状はなぜ起こる?更年期めまいの種類と他の病気の可能性とは?

40代、50代になって「めまい」を感じるようになったということはないでしょうか...

更年期障害の初期症状と対処法を知ろう!

更年期とは、閉経をはさんだ前後10年のことをさします。人によって時期は様々です...


これって若年性更年期?もしかして早発閉経なの?早発卵巣不全について

近年、若い女性が閉経になる早発閉経が20~30代で広がっていると言われています...

近年増加中!10代でもPMS症状が出る訳とは

10代の女性は、PMS人口の全体から見るややPMS症状が出にくいと言えます。...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る