カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 更年期後半に感じる背中・背骨の痛み…原因は血行不良?脊椎の変形?

女性のカラダの悩み

更年期後半に感じる背中・背骨の痛み…原因は血行不良?脊椎の変形?

更年期障害では実に様々な症状が起こります。

ほてりやのぼせ、イライラといった症状はよく聞くので知っている人は多いと思いますが、更年期には「背骨の痛み」が症状として見られることもあります。

 

中期~後期に多く見られる「背骨の痛み」

更年期障害の症状は強く出る人もいれば、ほとんど症状を感じないという人もいます。

中でも日常生活に支障が出るくらいに症状が出ることを更年期障害と言います。

更年期障害の症状の中でも、背骨の痛み(あるいは背中の痛み)は更年期で見られる特徴的な症状と言えます。

 

血行不良によって起こる

背骨の痛みは更年期になって血液の循環が悪くなることが一つの原因だと考えられています。

更年期になると女性ホルモン(エストロゲン)が減少し、自律神経が乱れやすくなるため、体のあちこちで血行不良が生まれやすくなります。

さらに加齢によって筋力も低下してきていますので、それもあわさって背骨の痛みを知覚するのです。

 

変形性脊椎症の場合も

脊椎や椎間板というのは、加齢と共につぶれたり飛び出したり、変形して歪むことがあります。

これによって神経などが圧迫され、しびれなどが起こります。

当然、骨自体が変形しているため痛みが発生します。症状が進むと、肩こりや腰痛などもあわさって見られるようになります。

この変形性脊椎症は、更年期障害の一部として起こることが多いようです。

背骨の痛みと共にほてりやイライラなどの症状が見られると、更年期障害の可能性が高くなります。

 

原因に即して対応を

単なる血行不良で背中の痛みが生じているのなら、それを解消することでいくらか症状が緩和されます。

肩甲骨など普段あまり動かさない場所の筋肉を意識的に動かすようにし、シャワーやドライヤー、あるいはお風呂につかるなどして背中を温めてあげるとよいでしょう。

 

もし変形性脊椎症だった場合には、レントゲン検査などを受ける必要があります。

変形性脊椎症を完全に治すというのは難しいですが、治療によって症状を和らげることができます。

いずれにしても、原因に合った対処をする必要がありますね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

症状に関する記事

「不定愁訴」ってなに?どんな症状?多用な原因が重なって起こる更年期の不定愁訴

更年期には「不定愁訴」を起こしやすいと言われています。 不定愁訴という言葉だけ...

ホルモンバランス、環境、ストレス耐性…更年期の孤独感には色々な原因があった!?

更年期になって気分に変化が訪れるのは、症状のひとつです。 イライラが止まらなか...


これって「更年期うつかな…」と思っても違うかも!うつ症状もでる○○認知症の怖さ

更年期に見られる症状として意外に多いのが「うつ」症状です。 のぼせなどの身体症...

男性だけじゃない!AGA(男性型脱毛症)は女性にも起こる!AGAと更年期の関係

更年期の女性の多くに薄毛になるという症状が現れると思います。抜け毛が増え、髪全...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る