カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 更年期に起こる関節痛の症状とは?あなたの症状は何タイプ?

女性のカラダの悩み

更年期に起こる関節痛の症状とは?あなたの症状は何タイプ?

更年期特有の症状のひとつに、「関節痛」があります。関節痛とは、関節の動きがだんだんと悪くなっていき、関節がこわばるような感覚があり、それが痛みとして知覚されていくようになるのです。

 

なぜ更年期に関節痛が起こる?

単に加齢によっても、関節は悪くなっていきます。

長年使ってきたことでだんだんと軟骨やその周辺の骨がすり減ったり、ずれたり、変形したりして、痛みが生じるようになっていくのです。

その痛みに更年期は拍車をかけます。

更年期になると女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が減り、関節を支える軟骨や筋肉の衰えが加速します。

さらに血行も悪くなることで、筋肉が動きづらくなり、さらに関節周りが冷えてしまい、関節痛が引き起こされるのです。

 

どんな症状が見られる?

多くの場合、更年期の関節痛は、更年期の中期から後期にかけて見られます。

関節痛はいきなり生じるというものではなく、段階を追って見られるものですので、その順を追いながら書いていきます。

 

関節がポキポキと鳴るようになる

手先や足先がしびれるようになる

手首などが引っ張られるような痛みがある

関節の痛みが生じてくる

歩くときにかかとが痛い

全身の痛みに襲われるようになる

 

関節の痛みを放置し、そのままにしておくと、全身の痛みに襲われるまでになることがあります。

初期症状ではちょっとした変化くらいにしか感じられないかもしれません。

ですが、日常の中に感じ取れる変化は起きているはずですから、気づいたらその時点で対策を考えるのがよいでしょう。

 

病院で判断してもらっても◎

更年期を発症する年齢になると、関節痛の原因は更年期だけとも限りません。

そのため、セルフケアを始める前に本当に関節痛が更年期によって起こっているものなのかどうか、確かめてみてもよいでしょう。

血液検査などをしてリウマチなどの可能性が消えたら、更年期障害のひとつと判断できるでしょう。

そうなればお医者さんの指示の下、適したセルフケアをして、症状緩和を目指すことができます。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

症状に関する記事

子宮が出てくる!?更年期にこんな症状がみられたら子宮脱かも!

   膣から、子宮が体の外に出てきたとなったら、どんな大それた病気だと思うでしょ...

本人の意志だけではどうにもできない!更年期は誰にでも訪れるものですから心配しないで

更年期とは、閉経の前後約5年ずつ、計10年間のことを言います。日本人女性の平均的...


「くしゃみで」「まにあわなくて」…更年期の尿もれ2タイプ

  更年期になると、「尿」に関するトラブルが増えます。尿道をしめる筋力の低下、自...

更年期になると起こる「冷え」症状…ただの冷えと思って放っておいてはダメ!

更年期になって生じる様々な不調は、女性ホルモンの分泌量の低下によるものというの...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る