カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 対処法 >
  5. その他 >
  6. 生活に大きな支障がでる関節痛 食事・温め・運動…悪化させないための対策とは?

女性のカラダの悩み

生活に大きな支障がでる関節痛 食事・温め・運動…悪化させないための対策とは?

更年期症状のひとつである関節痛は、じわじわと関節の不調としてあらわれてきます。

最初はちょっと不便さを感じる程度かもしれませんが、だんだんと動くのに億劫になるほどの関節の痛み、ひいては全身の痛みを感じるようになることもあります。

 

更年期に起こる関節痛

更年期障害では、更年期になって女性ホルモン(エストロゲン)の分泌量が減ることで、体に様々な症状が生じます。

エストロゲンの影響によって自律神経が乱れ、関節周辺が冷えることも原因となりますし、関節周辺の血行不良によって十分な酸素と栄養素が届かなくなることも原因になります。

また、更年期であれば筋力が低下することで関節痛が起こりやすくなるということも言えます。

 

悪化させないための対策とは

関節痛は放っておけばだんだんと悪化して、生活に支障が出ることもあります。

そのため、更年期に入って関節痛を感じるようになったら、なるべく早めにセルフケアを行えるとよいでしょう。

 

・関節によい栄養を摂取する

食事で関節のトラブルに対処するには、血行促進できる食材を積極的に食べるとよいです。

そのためにはビタミンB群、ビタミンC、ビタミンEを含む食材が有効です。

 

さらに更年期に入ると骨自体の健康も気にしなければなりません。

カルシウムを摂取することはもちろん、摂取したカルシウムを効率的に吸収するための、ビタミンDやマグネシウム、たんぱく質などもバランスよく摂取しましょう。

 

・関節を温める

不調を感じている関節があるならば、その関節を温めてあげるのも対処法のひとつです。

更年期に起こる関節痛の原因のひとつが、血行不良などによる冷えですので、その場合は関節を温めてあげることが有効です。ただし、炎症などを生じていて関節が熱を持っているときはやめましょう。

 

・全身運動を行う

関節痛は全身の関節で起こる可能性があります。そのため、使える関節は良く動かして、筋肉を強化しておいた方がよいのです。

ただし、中高年から運動を始めると、やりすぎてかえって関節障害を多くすることがあります。

過度の運動は避け、軽く汗をかく程度にとどめてください。

 

関節の痛みは老後に大きく影響します

関節が痛いとなると、外出を避けるようになったり、人との付き合いを避けるようになったりします。

そうなるとどんどん体を動かすことを避けるようになり、それが体の老化の悪循環を招いてしまうことも。

関節の痛みは早期に気がづいたら、できるだけ早くセルフケアをした方がよいでしょう。

場合によっては病院に行って、きちんとお医者さんに診てもらう方がよいかもしれません。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

その他に関する記事

更年期症状がつよい人は注意?あなたは骨粗しょう症になりやすいかも?!

  更年期になって、気をつけたいことは色々あります。 更年期やそれ以降の生活に、...

原因は他にもあるかも?更年期障害悪化の原因「夫在宅症候群」の回復例を2つ紹介します!

夫在宅症候群は、更年期障害悪化の一番の原因と言われています。仕事さえしてればい...


更年期症状によく効くツボとは?更年期障害の緩和方法について

  更年期にあたる年齢前後から女性の卵巣機能が少しずつ低下して、月経異常が...

更年期のうつに効果あり?心理療法と認知行動療法について

  いらいらや不安、動悸、生理不順などつらい更年期の症状が現れる女性は、全...

カラダノートひろば

その他の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る