カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 更年期の中期から後期にかけて起きる「足のだるさ」症状 なぜ足がだるくなるの?

女性のカラダの悩み

更年期の中期から後期にかけて起きる「足のだるさ」症状 なぜ足がだるくなるの?

更年期の症状としてはあまり聞かないかもしれませんが、「足がだるい」と訴える人がいます。

実は足のだるさを更年期の症状として挙げる人は結構多いようで、更年期の中期から後期にかけて見られることが多いようです。

 

どうして更年期に足がだるくなるの?

更年期になって足のだるさが生じるのはなぜなのでしょうか?

いくつか理由がありますので、順番にみていきましょう。

 

・疲労が蓄積しやすい

特に女性は足がむくみやすいことからも分かるように、足の筋肉も筋力も少なく、足の疲労を感じやすいです。

それが更年期の年齢になってくると、目に見えて筋力が衰えはじめますので、それによって、疲労回復も遅くなってしまいます。

そのため疲労が蓄積し、足のだるさを知覚しやすくなるのです。

 

・血行不良

更年期になるとカルシウムが体内に吸収される量が少なくなり、血行が悪くなります。血行が悪くなると、筋肉で発生した疲労物質がなかなか体外に排出されなくなります。

さらに血行不良によって血液の質も悪くなるので、その血液が下半身に溜まり、足のだるさを感じるようになるのです。

 

・ストレスによるマグネシウム不足

カルシウムと同様、マグネシウムの量が十分にないと、疲労物質を体外へ出すのに時間がかかるようになります。

このマグネシウムですが、更年期障害の症状などによってストレスを感じると、マグネシウムを消費してしまうため、不足しやすくなってしまいます。

そのため、足がだるいなどの症状が出やすくなるのです。

 

・ホルモンバランスの変化

更年期の変化として、エストロゲンの分泌量が低下していき、ホルモンのバランスが変化します。

この変化が大きいほど、血行不良などの障害が起きやすくなるので、疲労の回復が悪くなり、足のだるさを感じるようになります。

 

カルシウム・マグネシウム補給、そして血行改善 

足のだるさが気になる場合には、上記の原因を考えて対策してみてください。

食事の中でカルシウムやマグネシウムをしっかりと補給したり、足を温めたり動かしたりして血行改善を図りましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

子宮が出てくる!?更年期にこんな症状がみられたら子宮脱かも!

   膣から、子宮が体の外に出てきたとなったら、どんな大それた病気だと思うでしょ...

更年期のめまい症状はなぜ起こる?更年期めまいの種類と他の病気の可能性とは?

40代、50代になって「めまい」を感じるようになったということはないでしょうか...


更年期障害の初期症状と対処法を知ろう!

更年期とは、閉経をはさんだ前後10年のことをさします。人によって時期は様々です...

これって若年性更年期?もしかして早発閉経なの?早発卵巣不全について

近年、若い女性が閉経になる早発閉経が20~30代で広がっていると言われています...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る