カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 仕事 >
  5. 家庭と仕事の両立は大変?あえて「両立」の考え方をやめればうまくいく!?

育児・子供の病気

家庭と仕事の両立は大変?あえて「両立」の考え方をやめればうまくいく!?

日本では特に女性において、「家庭と仕事の両立」という言葉が強調されることが多いように思います。

日本では、夫が外に出て働き、妻が家庭を守るというところからスタートしていますから、どうしても働きながら家のことをすることが、特別視されるような形になってしまうのでしょう。

 

家庭と仕事をいかに両立するか

日本の多くの職場は、家庭と仕事を両立する女性にとって(かつ男性にとって)、優しい場所というのは少ないかもしれません。

それはマタハラなどの言葉がよく聞かれることからも実感できると思います。ではそんな環境の中、どうやったら家庭と仕事を両立していくことができるのでしょうか?

 

「両方」ではなく「すべてでひとつ」の仕事

両立というと、どうしても家庭のことと仕事のことという、ふたつのことを考える大変さが出ていてしまいます。

しかし、仕事でも複数の仕事を同じ時期に進行していくことはよくありますよね。

それと同じように、家庭のことも仕事のことも、全て一つの仕事と考えてしまうといく分か楽になりますし、時間管理がしやすくなります。

 

子育てがあれば、それも一つの仕事

例えば子どもがまだ手のかかる時期であれば、それも当然、一つの大きな仕事のひとつです。

その場合、時間管理は子どもの生活時間にあわせて決めていく必要がありますよね。特に就寝時間と起床時間です。

子どもはかなり早い時間に寝て、大人よりもたくさん睡眠をとります。

 

仕事をしていると、子どもが寝てからその日の仕事を終わらせてということが多いですが、受験勉強と同じで一日働いた後の頭でさらに仕事をするのは効率的ではありません。

それならばいっそ子どもと同じ時間に寝てしまい、朝早くに起きましょう。

それであれば「十分な睡眠時間が確保できる」し、「冴えた頭で仕事ができる」のです。

子どもの時間を仕事の時間に組み込んであげるのです。

 

どちらにもプラスになるように

子ども時間に合わせて早寝早起きをすれば、家庭にも仕事にもプラスになります。

どうしても仕事は仕事の時間軸で、家庭は家庭の時間軸で考えがちですが、実際に働いているのは1人だけです。

たくさんの時間軸を考えないで、ひとりの中で考えてあげることで、双方にプラスになるように対処できるでしょう。

 

(Photo by:pixabay

 

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

仕事に関する記事

仕事は休めない!子供を病気にしないための配慮

子どもの風邪などで、仕事を休まなければならない事態になると、とても心苦しいで...

産後6ヶ月で職場復帰、産後1歳で職場復帰…どちらがいいの?

仕事と育児の両立を目指すママにとって仕事に復帰するタイミングは重要です。子供の...

仕事の体験談

子育て中の在宅ワークのメリットとデメリット。子供が病気になっても、出勤に困らない!

12月に在宅ワークをはじめ、子育てをしながら在宅ワークをするにあたってのメリットとデメリットを書いて...

在宅ワークをはじめてみて。子育てとの両立や収入は?

子どもを保育園に預けて仕事しよう!と思っても、職場復帰以外のお母さんにはいろいろな壁があるのではない...

カラダノートひろば

仕事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る