カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 保育園・施設 >
  4. 保育園・幼稚園 >
  5. 保育園の入園準備はだいじょうぶ?いがいと大変な準備とコツおしえます!

育児・子供の病気

保育園の入園準備はだいじょうぶ?いがいと大変な準備とコツおしえます!


さて、まもなく始まる園生活。

準備は順調でしょうか?

 

準備をすることに追われてしまって、お子さんの目線で考えることを忘れてはいませんか??

見落としがちなコツをお伝えします!

 

■大きく、見やすく、はっきりと!

保育園で使うタオル、お着替え、オムツなど・・・記名が必要なものはたくさんあります。

お子さんが使っている小さなハンカチや靴下など、細かなものにまで書くのは一苦労ですよね。

 

でも、新しいものや園で使うものにはひととおり、しっかりと記名しましょう。

 

たくさんのお子さんが過ごす保育園では、お子さんの持ち物が行方不明になることって多いのです。

小さくて書きにくいものでも、マークをつけるなど持ち物の把握ができるように工夫しましょう。

 

記名の方法もさまざま

アイロンでつけるものもありますが、シンプルにネームペンで記名・・・が一番お手軽です。「★はなこ」など名前とマークを一緒に書いてあげても良いのではないでしょうか。

 

アイロンでかわいく名づけする場合は、はがれてないか洗濯のあとに確認しましょうね。

また、衣服は、タグの部分にしっかりと記名しましょう。

 

洗濯したら、記名が消えていないかチェック

現役の保育士さんに聞いたところによると・・・記名のないもので多いのが、靴下とハンカチだそうです。

 

確かに、小さくて書きにくいですよね。

似たようなものを使っている場合が多いですし、ポケットから落ちてしまうことも多いので、ここはしっかりと記名しましょう。

 

また、はじめははっきりと記名があっても、何度か洗濯するうちに消えてしまうことも多いそうです。

マメにチェックして、持ち物の迷子を減らしましょう。

 

まちがえて持ち帰ってしまうことも

記名をしていないと、ほかの子の持ち物を間違えて持ち帰ってしまう場合があります。

靴を履き間違えて帰ってきてしまう・・・という話、保育士さんからよく聞くんです。

 

はっきりと記名、目印をつけておきましょうね!

 

■使いやすいかどうか、チェック

意外と見落としがちなのが、「お子さんが扱えるかどうか」という点。

見た目が素敵でも、使い勝手が悪いものは、お子さんにとってはとても残念な持ち物です。

 

保育園での生活は、園の先生や友達と関わることで豊かな人間関係を築いていくことだけでなく、身の回りの始末や正しい生活習慣を身につけることができます。

 

つかいやすいものは自立をうながす!

お子さんが扱いやすいもの(たたみやすいサイズ、厚さのタオル、着脱しやすい衣服・靴)を用意してあげることの利点は、はじめは自分でできなくても、徐々に自分でできるようになるということです。

 

お子さんが扱いにくいものを用意してしまうと、いつまでたっても自分でできず、園の先生を頼ることになってしまいます。

 

特に、着脱しやすい衣服や靴はとても大切です。

流行りのレギンスは、ピッタリしすぎて自分の着脱が難しいのです。

 

二歳くらいのお子さんは自分でやってみたい気持ちも芽生えてきますから、オシャレよりも使い勝手を優先しましょう。

 

ぶかぶかの靴はきけん

靴も、「すぐに大きくなるから・・・」と大きめサイズのものを用意する方がいます。

もちろん、中敷を入れれば問題ないかもしれません。

 

しかし、保育園は昼間、園庭で遊んだり、散歩に出かけることが多いです。

ぶかぶかの靴だと、歩いている途中で脱げてしまったり、ゆるくてつまずく原因になってしまったり・・・良いことはあまりありません。

 

お子さんの安全を一番に考えて用意してあげてくださいね。

 

 

せっかくお子さんの持ち物を用意するのですから、お子さんの目線で物事を考えてみましょう。

お子さんにとってもママにとっても、楽しい園生活の始まりとなりますように。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

保育園・幼稚園に関する記事

保育園に入ったとたん病気を貰う?親ができる対処法・気をつけること

  初めての保育園生活が始まりました。 よし、しっかり働こう!と、張り切る親...

‘国立、公立、私立’幼稚園基本の3種類…それぞれの特徴とは?

保育園に入っていなかった子供たちにとっては、初めての集団生活の場になるのが幼...

保育園・幼稚園の体験談

【1歳と3歳】保育園児の平日家でのスケジュール

一歳代から子どもが保育園に行きだすようになりました。 保育園のある平日は朝も夜もバタバタです。 ...

0歳からの保育園。

私は小さい会社に勤めていたので、長い育休を取ることができませんでした。同僚は産後一か月で復帰した人も...

カラダノートひろば

保育園・幼稚園の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る