カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. パパの育児 >
  4. パパ助けて!ママを悩ます赤ちゃんの夜泣きお助け案

育児・子供の病気

パパ助けて!ママを悩ます赤ちゃんの夜泣きお助け案

赤ちゃんが夜泣きをしても自分には何もできないと思っていませんか?

パパにもできることはあります。ここではパパにしてほしいと思う夜泣きの対策・対処法をご紹介します。

 

昼間にしてほしいこと

STEP1 赤ちゃんとコミュニケーションをとる!

休みの日や夜寝るまでの時間にはできるだけママに代わって赤ちゃんと遊んであげてください。少し代わってもらえるだけで負担が軽くなり夜に体力を温存することができます。また、危なくない範囲でたかいたかいや飛行機などパパにしかできない遊びをしたり、一緒にお風呂に入ってくれるのもいいですね。赤ちゃんとパパとの絆も深まります。

 

STEP2 赤ちゃんを連れてお出かけする!

小さい赤ちゃんを連れて外へ出かけるのは、ひとりでは容易なことではありません。でもパパと一緒なら安心です。少し外出するだけでも赤ちゃんにとってはいつもと違う風景を見ることができストレス解消になるはず。夜も疲れてぐっすり眠れるかもしれません。

 

夜泣きをしたときにしてほしいこと

STEP1 ママにねぎらいの言葉をかける!

昼も夜も子守りをするのは想像以上につらいことです。夜泣きをしたとき一瞬でも「大変だね」や「ありがとう」と言ってくれるだけでも気持ちが楽になります。

 

STEP2 ママと一緒に起きる!

深夜ひとりで赤ちゃんをあやすのと、パパがとなりで起きて赤ちゃんをあやすのでは全く気分が違います。抱っこを代わらなくても一緒に起きてくれるだけで心強く、がんばれます。

 

STEP3 赤ちゃんとドライブに行く!

次の日が休みなど余裕があれば赤ちゃんを連れてドライブに連れて行ってあげてください。車に乗ると多くの赤ちゃんは寝てくれます。パパに長時間抱っこは難しいかもしれませんがこれならできます。

 

いかがでしたか?もちろん行動に出してくれるのが一番いいですが、何よりも大切なのはママの大変さを理解してくれることです。ふたりで協力して夜泣きの負担を軽減できたらいいですね。

 

 

(Photo by:pixabay

著者: ゆづはるさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

パパの育児に関する記事

パパも仕事を一休みして子育てを!ママが専業主婦でもパパの育児休業は認められます

育児休業と聞くと働いているママだけの制度だと思っている人は大間違いです。パパも...

パパの育児参加のために知っておくべきこと~育児休業とは~

パパもママ同様育児休業を取得することができますが、現実のところ男性の育児休業取...

パパの育児の体験談

育児だって得意不得意がある!カナダ人の夫

私はカナダで子育てをしている一児の母です。 私の夫はカナダ人。 育児には積極的に参加してくれ...

パパと仲良しな息子

うちの息子とパパは、とっても仲良しです。 生まれた時から、息子はなぜかパパっこだったのですが、...

カラダノートひろば

パパの育児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る