カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. パパの育児 >
  4. 夜泣き予防はパパにもできる!赤ちゃんとのスキンシップのコツ

育児・子供の病気

夜泣き予防はパパにもできる!赤ちゃんとのスキンシップのコツ

赤ちゃんが夜泣きをしてもパパは中々手伝うのが難しいですね。ただ夜中は無理でも起きている間にスキンシップをとることで夜泣きが少しは改善されるかもしれません。ここではパパにおすすめの赤ちゃんとのスキンシップの取り方をご紹介します。

 

シーソー遊び・高い高い・ひこうき

これは体力のあるパパにしかできません。シーソー遊びというのは両手で両足の太ももあたりを持ってぶらぶらさせて遊ぶ遊びです。たかいたい、ひこうきは定番ですね。赤ちゃんはきゃっきゃと喜ぶのでストレス解消になります。ただし、揺さぶられ症候群にはくれぐれも注意を!首がガクガクしないように気をつけてゆっくり楽しみましょう

 

入浴

入浴はパパの仕事、という人も最近増えてきていますが、安全の上でも是非パパにしてもらいたい項目です。体や髪を洗うほかにお風呂で使えるおもちゃで遊んだり、わきを持ち足を自由にして浮かばせたりして遊んであげてください。

 

おもちゃ遊びに付き合う

赤ちゃんはひとりでもおもちゃで遊びますが、一緒に付き添って遊んであげましょう。横で「すごいね」「楽しいね」と声をかけると自分に話しかけているとわかって喜びます。また、座って赤ちゃんを足の上に乗せておもちゃで遊ばせるのもいいですね。

 

絵本を読む

いつもはママから読んでもらっている絵本をパパが読むのは赤ちゃんにとってきっと新鮮です。絵本の受ける印象が全く違うはず。声色を変えてみたり、おもしろおかしく読んでみるのもパパならではです。知育にもなります。

 

抱っこひもでお散歩

パパとママとでは身長が違うので景色が違って見えます。抱っこひもでお散歩することで密着してスキンシップが図れます。是非声をかけながらお散歩してあげてください。外に出て日に当たると疲れるので夜ぐっすり眠れるかもしれません。

 

日本人の母親の7割は夜泣きに悩んだ経験があるというデータがあります。お仕事も大変だとは思いますが、協力できることは協力して大変な時期をふたりで一緒に乗り切ってくださいね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

パパの育児に関する記事

育児休暇を上手に使ってパパも子育てを楽しもう!パパの育児休暇の取得

育児休暇は、子供を産むために産休を取った女性が、育児のために休みを取るものと...

目が合うと号泣!どうする?赤ちゃんのパパ見知り!パパへの人見知りの原因と対処法

赤ちゃんが生まれ喜びに沸くママとパパ。ママが退院したその日から、仕事が終わった...

パパの育児の体験談

夫への不満。真のイクメンとはなんぞや??

一人目を出産した後、ずっとつけていた育児記録があります。 授乳やおむつ替え、離乳食の記録などをマメ...

かつおの子育て日記☆~パパはイクメン!?~

現在、幼稚園年少と2歳児の2人の娘っ子の育児奮闘中のかつおです! パパが仕事が休みの日に、週1回働...

カラダノートひろば

パパの育児の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る