カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 生活習慣病 >
  3. 脂質異常症(高脂血症) >
  4. 薬物療法 >
  5. 注意点 >
  6. 脂質異常症の治療に『ナイアシン』は死亡率を高める危険性がある?!

生活習慣病

脂質異常症の治療に『ナイアシン』は死亡率を高める危険性がある?!

低HDLコレステロール血症は、高LDLコレステロール血症と同じく動脈硬化性疾患の危険因子であり、早期改善することが重要とされています。低HDL-Cの治療法は主に、『運動療法、摂取エネルギー制限、禁煙』が勧められますが、治療薬としては高脂血症が伴わない限り使用され方向にあります。そして近年『ナイアシン』がその治療薬の候補として有望視されていましたが、様々な有害事象が生じたとして、いくつかの論文では服用の危険性が示され、現在では処方すべきでないという意見の方が多数となっているようです。以下では、その詳細について見て行きたいと思います。

 

ナイアシンとは?

ナイアシンは、ビタミンB3と呼ばれる必須ビタミンであり、トリプトファンから合成されるため、同様にトリプトファン由来の脳内ホルモンセロトニンと似た作用を持ち、ナイアシン欠乏によって意欲減退・幻覚妄想などの精神症状が生じます。また、極少量であれば体内でも必須アミノ酸のトリプトファンから合成されますが、大部分は食事から摂る必要があります。

 

ナイアシンのHDL増加の効果と、有害事象が生じる条件とは?

ナイアシンは、LDLコレステロール低下・HDLコレステロール増加など、様々な効果があり、副作用もほとんど見られないと考えられていたため、メルク社による脂質異常症のための新薬『トレダプティブ』として開発されていたという経緯があります。トレダプティブは、ナイアシン2,000mgに『ラロピプラント』というプロスタグランジン抑制作用のある薬を合剤としたものですが、ラロピプラントは、ナイアシンの唯一の副作用『ほてり・痒み』症状の出現の原因となるプロスタグランジンを抑える作用があります。しかし、臨床試験の結果、患者さんの予後の改善が認められず、その他因果関係が不明の有害事象が出現したため、2013年発売中止となりました。

 

臨床試験について

以下の臨床試験は、心疾患患者へのナイアシン+ラロピプラント長期投与の結果を示したものです。

 

■ナイアシン+ラロピプラントの長期服用で、死亡率が増加した(ニューイングランド・ジャーナルオブメディシン)

【対象】50-80才の心血管疾患患者

【試験内容】徐放性ナイアシン(ビタミンB3)+ラロピプラント服用群、又は偽薬群を摂取させ、ナイアシンの心臓発作・脳卒中の減少効果を4年間検討した。

【結果】ナイアシンは偽薬と比較し、心臓発作・脳卒中率を減少することは確認されなかった。

 

⇒またナイアシンによって死亡率の増加、肝障害、感染症、痛風、糖尿病などの発症率が増加することが明らかになった。

 

最後に 

ノースウェスタン大学フェインバーグ医学校のドナルド・ロイド-ジョーンズ医師によれば「ナイアシンを処方した200人に1人が死亡している可能性がある。ナイアシンは、スタチンを摂取出来ない心臓発作や脳卒中のリスクが非常に高い患者や、他のエビデンスに基づいた選択肢がない患者だけに利用されるべきだ」と述べています。少なくとも、現在の状況では、軽度の脂質異常症の改善に気軽な形でサプリメント摂取を行うことは控えておいたほうが良いと言えそうです。

 (photoby:pixabay

著者: あせちるこりんさん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

注意点に関する記事

根気よく治療を

脂質異常症は、投薬を中止するとまたコレステロール値がもとに戻ってしまうケース...

薬物治療中はグレープフルーツに注意!

  薬には併用禁忌というものがあります。ある薬ともうひとつの薬を併用すると副作...


気になる!脂質異常症(高脂血症)治療薬の副作用

   薬を飲むうえで気になることといえばやはり副作用があるかどうかということで...

治療薬の併用に要注意

  脂質異常症の治療薬は、併用が禁忌なものがあります。   スタチン系とフ...

カラダノートひろば

注意点の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る