カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. トラブル >
  5. 乳首が痛い…!よくあるおっぱいトラブルとケアの方法

育児・子供の病気

乳首が痛い…!よくあるおっぱいトラブルとケアの方法

「おっぱいをあげたいけど、乳首が痛すぎる!」

授乳をしているママさん、こんな経験はありませんか?

ここでは、よくあるおっぱいトラブルと、ケアの方法をまとめます。

 

擦過傷(さっかしょう)

赤ちゃんが母乳を飲むときに、上あごや舌でこすったり、激しく吸うために生じます。

また、搾乳のときにできることもあります。

 

・ケアの方法

赤ちゃんの口を深く加えさせたり、吸わせる方向を変えてみましょう。

また、授乳の最初にできるものなら、だんだん皮膚が強くなって傷ができなくなります。

 

乳頭亀裂

乳首のしわの部分に、亀裂が生じてしまう状態。

授乳時の抱き方がかたよっていると、乳首の同じ部分にだけ圧力が加わり、切れてしまします。

 

・ケアの方法

抱き方を工夫して、まっすぐに加えさせれば亀裂はできません。

すでにできてしまった場合は、乳頭保護器をつかうと痛みが緩和されます。

 

乳口炎

赤ちゃんの吸てつによって水泡ができ、その水泡が破れたあとに、乳口をとり囲むようにして生じる白黄色の炎症のことです。

 

・ケアの方法

水泡ができた部分に薬をぬり、ラップなどをはる。

または、スクワランオイルなどをだっしめんにしめらせ、パックのようにする。

 

うつ乳

おっぱいがつまってしこりができる状態。

ひどくなると、乳腺炎の原因になります。

 

・ケアの方法

しこりがある部分に、赤ちゃんのあごの部分がくるように吸わせたり、手で押したりさすって、おっぱいがでいるのをうながすといいでしょう。

 

乳腺炎

母乳が乳腺につまってしまう病気です。

おっぱいがカンカンに張って、さわるだけでも痛く、熱がでることもあります。

 

・ケアの方法

搾乳をしたり、ひんぱんに授乳をして吸ってもらいます。

放っておくと切開手術をしなければならなくなるので、どうしても痛い場合は、早めに受診しましょう。

 

まとめ

トラブルが起こる前に、おっぱいマッサージをやっておくだけでも、これらの症状を予防することができます。

もしなってしまっても、あきらめずにしっかりケアすれば、多少は緩和できます。

 

おっぱいをあげるのは長くても1歳まで。

つらいおっぱいトラブルも、それまでの辛抱です。

できるだけこまめにケアして、大切な授乳の時間を楽しんでくださいね。

(Photo by:足成

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

トラブルに関する記事

なんでこんなに出るの?!出すぎてつらい母乳過多症の意外な原因

母乳が出ない人にとっては羨ましくもあるかもしれませんが、母乳が出すぎるという...

うつ乳は乳腺炎のサイン!母乳育児の際に気をつけたい乳腺炎とその対処法

母乳育児を考えているママにとって気をつけたいのは乳腺炎です。では、乳腺炎にな...

授乳の体験談

歯が生え始めると・・・おっぱい、かじられる~!!!

我が家の三女、もうすぐ11カ月。 前歯が生えてきて、笑うとビーバーちゃんみたいなんですが、そう...

人それぞれ!〜卒乳・断乳のタイミング①〜

皆さん、授乳はいつまでされていました(す)か?1歳を機にやめる人もいれば2歳まで授乳している人もいる...

カラダノートひろば

トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る