カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. ストレス >
  6. 子どもが情緒不安定?その原因、生活習慣にあるかもしれません

育児・子供の病気

子どもが情緒不安定?その原因、生活習慣にあるかもしれません

 

お子さんの様子がおかしい時に、どんな風に対処していますか?早めに対処してあげることで、お子さんもママ自身も安心して過ごせますよ。

 

■家で心身を休めていますか?

原因は、家庭だったり、通っている保育園や幼稚園、小学校だったり・・・様々でしょう。つい、原因が外にあるように考えてしまいがちですが、案外家庭にあることが多いのです。日頃からコミュニケーションをたくさんとっておくことで、小さな変化に気付くことができますよ。

 

情緒不安定なお子さんに多いのは、家で、心身をしっかり休めることができない環境にあること。両親の不仲だったり、夜ふかしの習慣があったり、食事をきちんと摂っていなかったり・・・。

 

理由は家庭によって様々なのですが、情緒不安定なお子さんは、体をなかなか休めることができずにいる場合が多いです。心身の疲れがたまっている状態は、常にストレスを抱えている状態となります。お子さんとじっくり向き合って、スキンシップをとったり、一緒に遊んで心を解放してあげましょう。

 

■早寝、早起きをして体をしっかり休めよう

お子さんは体調を崩したりしていませんか?寝不足続きではありませんか?

夜22時~夜中の2時の間にしっかりと睡眠を摂ることがとても大切です。体をしっかりと休めることで健康を保てますし、体が元気だと、心も元気でいられますよ。実際にイライラや癇癪の多い子どもにしっかりと睡眠を取らせるようにすることで情緒が安定することはとても多いのです。

 

■食事をしっかり摂ろう

朝ごはんはきちんと食べていますか?上記のように、早く起きるようになると、朝、ゆったりと過ごせるので、食事の時間も十分に摂れます。また、朝ごはんをしっかりと食べることで、昼間は、脳がフル回転でき、様々なことを吸収できますし、集中力もあがります。そして、活動的に過ごすことで、給食もしっかりと食べ、午後も授業に集中できます。

 

朝食をとらないお子さんが荒れやすい、という話は保育士さんの体験として多いようです。

 

間食はほどほどに

おやつは、控えめにして、できるだけ果物などでビタミンを補給すると良いでしょう。スナック菓子など、脂分が多いものは控えましょう。糖分を摂取すると一時的に幸福感が増しますが、その後急激にイライラ感や不安感が増してしまうことがわかっています。

 

また、間食が多いと、夕御飯の量が少なくなりがち。栄養バランスを保つ意味でもおやつを与え過ぎないことは大切です。

 

お子さんとのコミュニケーションを大切にして、小さな変化を見逃さずに過ごしていけたら良いですね。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

育児ストレスをまず理解して、うまく付き合おう!

子供が生まれると、どんなにかわいい子供であっても、育児を通じて様々なストレス...

心身共に限界かも・・・育児が嫌になる前に対処しよう!育児ノイローゼの原因と対処法

出産によりホルモンバランスが崩れることで、ストレスが加わり心身ともに影響を及...

ストレスの体験談

離乳食のムラ。波。そしてストレス。

皆さん、今日も育児お疲れ様です♡ 日曜日でしたが、どこかへ行かれましたか? 今日は、私の住ん...

育児疲れと母の涙。

我が家には10歳年の離れた姉妹がいます。長女は現在思春期で難しい時期でもあり、次女は自由奔放に生活を...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る