カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. ストレス >
  6. 子どもが情緒不安定…?そんな時に意識してほしいのは食生活!

育児・子供の病気

子どもが情緒不安定…?そんな時に意識してほしいのは食生活!

 

子どもの様子が、さいきんおかしい・・・と、情緒不安定なことに気づいたお母さん、お父さん。

 

実は、食生活が影響しているかもしれません。

日ごろの食生活を、少し見直してみましょう!

 

■えいようは、心身の健康をささえる

キレる、荒れる、お子さんがイライラしている・・・

 

実は、このような姿は思春期のお子さんだけに見られるものではありません!

幼児期の小さなお子さんにも見られる姿です。

 

食事は、お子さんにとって楽しい時間となっていますか?

家族みんなで楽しく、美味しく食べていますか?

 

食事は栄養補給をするだけではなく、情緒の安定、家族の団欒の時間となる、心の栄養補給をする時間でもあるのです。

お父さんの仕事の帰りが遅いなど、家族の事情もあって、みんなが揃うことは少ない場合もあるかもしれません。

 

でも、家族みんなで食卓を囲うことが、お子さんにとって心のより所となるのです。

ふだんは全員そろわなくても、一日にいちど、週にいちど、時間をつくって、家族みんながコミュニケーションをしっかりとれる時間をつくりましょう! 

 

■まごはやさしい

脳にとって大切な栄養素「まごはやさしい」が基本です。これらをバランスよく食べることを意識してみましょう。

 

ま・・・「豆類」大豆、納豆、ピーナッツ、豆腐、味噌

ご・・・「ごま」ごま、ナッツ類

は・・・「わかめ」わかめや昆布、海藻類。カルシウムなどのミネラルが豊富。

や・・・「野菜」野菜類。ビタミンを多く含んでいます。

さ・・・「魚」 魚類。脳の神経細胞の発達に良く、うつ病になりにくくします。

し・・・「しいたけ」きのこ類。ビタミンDが豊富。

い・・・「いも」穀類。腸内環境を整える食物繊維が豊富。

 

■お菓子はひかえよう

間食をたくさんしてしまうと、食事の時間に、きちんと食事をとることができなくなってしまいます。

 

また、砂糖やインスタント食品、スナック菓子に含まれるリン酸の過剰摂取により、カルシウムまで体外に出てしまい、カルシウムが不足してしまいます。

 

カルシウムは神経の興奮を抑える大切な働きをしています。

カルシウム不足は、神経過敏になり、情緒不安定になってしまうことを胸にとめておきましょう。

 

食事は、体だけでなく、心の栄養を補給してくれる、大切な時間です。

生きていく上での大切な時間を、家族皆で共有できると良いですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

ストレスに関する記事

赤ちゃんを虐待から守るために…周囲のサポートの重要性

生まれたばかりの赤ちゃんは親のサポートなしには生きていくことのできない存在です...

これは育児ノイローゼ?!あなたの育児ストレスをチェックしよう!育児ノイローゼを防ぐために…

頑張って育児をしているつもりなのに、なぜかうまくいかない。 産まれるまでは...

ストレスの体験談

離乳食のムラ。波。そしてストレス。

皆さん、今日も育児お疲れ様です♡ 日曜日でしたが、どこかへ行かれましたか? 今日は、私の住ん...

育児疲れと母の涙。

我が家には10歳年の離れた姉妹がいます。長女は現在思春期で難しい時期でもあり、次女は自由奔放に生活を...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る