カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. ストレス >
  6. 子どもを叩いてしまう…まだ間に合う!育児の悩みを劇的に解決する魔法

育児・子供の病気

子どもを叩いてしまう…まだ間に合う!育児の悩みを劇的に解決する魔法

 

お子さんがなかなか言うことを聞いてくれないとき、どうしていますか?始めは穏やかな気持ちで聞いていても、繰り返し伝えても聞いてくれないことが続くと、イライラしてしまいますよね。

 

手をあげてはいけないと分かっていても、イライラした気持ちが止まらずに手をあげてしまうこともあるかもしれません。そんときは、どんな風に対処したら良いでしょうか。

 

■手を出してしまう原因は・・・

思いの伝え方に理由があった

お子さんに何度言っても伝わらなくて、イライラしてしまうことってありますよね。実はお子さんに思いが伝わらない原因は、お子さんへの伝え方であることが多いのです。

 

早口で伝えすぎていたり、ただ、「ダメでしょ!」「コラ!」などの禁止の言葉だけではお子さんにはわかりません。一時的にはやめますがまた繰り返してしまうのです。そのため、「何度も言ってるのにどうしてやめないの?」と余計にイライラしてしまうことになります。

 

実は、お子さんは、親の気持ちを必死に受け取ろうとしています。お子さんを信じてあげてください。そして、ただ、感情的に叱るのではなく、どうしていけないのかをじっくり言葉にして教えてあげましょう。根気よく、がんばってください。

 

■手を出しても何も伝わらない。

お子さんを叩くと、一旦は、お子さんはその行為をやめるでしょう。しかし、それは叱られた理由を理解したからではなく、怖いからやめただけです。怒られた本当の理由を理解しないかぎり、お子さんは同じ失敗を繰り返しがちになります。

 

大好きなお母さん、お父さんに叩かれることの恐怖。いつも、遊んでくれるのに、前は抱っこしてくれたのに・・・どうしてなんだろう・・・ただただお子さんは悲しいばかりです。

 

そして、叩いた親自身も、何も解決していません。イライラをただぶつけるだけでは、その場がおさまるのみで、何も解決しないのです。

 

お子さんを傷つけてはいけません

まずは、お子さんを叩いたり、傷つけることはやめましょう。「傷つけても何も伝わらない」ということを理解してください。傷つけられたお子さんの傷は癒えることはなく、大人になって、お子さんが自分の子どもに同じことを繰り返してしまいます。

 

目を見て、言葉で伝えよう

お子さんにやめてほしいこと、こちらの気持ちをわかってほしいときは、目を見て、穏やかな口調でしっかりと伝えましょう。また、どうしてなのか理由も教えてあげてください。小さなお子さんでも丁寧に話して理由がわかると納得してくれるものですよ。

 

「大好きな○○がそんなことをして、お母さんは悲しいよ」などと伝えてあげるのも良いでしょう。叱られる度に、叩かれ、恐怖を味わっていたお子さんは、自分が愛されている実感が持てなくなっています。しっかりと大切に思っていることを伝えてあげてください。

 

■普段のスキンシップで大きく変わる

お子さんとのスキンシップをたくさんとりましょう。一緒に過ごすことで、お子さんは、自分が大事にされていることを実感できます。手をつなぐ・抱っこをする・抱きしめる・・・たくさんありますね。一緒に遊ぶ、お風呂に入る、ごはんを食べる、絵本を読む・・・お子さんと一緒にできることなら何でも構いません。お子さんと一緒にできて、あなた自身も楽しめることから始めてみましょう。

 

■スキンシップによって怒る必要がなくなる

スキンシップで愛情をたっぷり感じるようになると、お子さんの情緒は安定し、親を困らせる言動や行動をだんだんとらなくなってきます。「言うことを聞かない」「困らせることばかりする」そんな風に悩んだ時、解決の一番の近道は、実はスキンシップなのです。

 

怒る理由そのものが減れば、お子さんにイライラする機会自体がなくなってきます。「悪いことをしたから怒る」のではなく、「悪いことをする前に愛情で満たし、悪いことをしない子にする」ことを常に意識しましょう。

 

それでも、どうしても手を出してしまいそうになったら、お子さんを抱きしめてください。そして、お子さんが大好きなことを伝えてあげてください。

 

「大好きなお母さん、お父さんが、自分を愛してくれている」という実感が持てると、お子さんはとても安心します。そして、親の話に耳を傾けてくれますよ。大切なお子さんとの時間は今しかありません。後悔のないように生きましょうね。

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

ストレスに関する記事

心身共に限界かも・・・育児が嫌になる前に対処しよう!育児ノイローゼの原因と対処法

出産によりホルモンバランスが崩れることで、ストレスが加わり心身ともに影響を及...

育児ストレスの根本的な原因って?どう解消すればいいの??

  育児ストレスは、人それぞれに原因となる事や、ストレスの度合いも違います。あ...

ストレスの体験談

私の産後うつ体験談。当時の日記を抜粋します。

息子が生後3ヶ月頃です。 私は産後うつ状態で毎日のように泣いていました。 実家から遠く離れた...

二児のママになり今までで最大の地獄

 二人目が生まれて三か月。今日は本当に大変でした。主人は愚痴を聞いてくれないし、誰も話を聞いてくれな...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る