カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 育児 >
  5. ストレス >
  6. 子どもの表情が暗い・あまり笑わないと気付いたら?

育児・子供の病気

子どもの表情が暗い・あまり笑わないと気付いたら?

 

お子さんは、いつも元気に笑っていますか?どんな表情をしていますか?ふとした時に、表情が暗いな・・・と感じてしまうことってありませんか?もしも、気付いたときは、どんな風に接していったら良いのでしょうか。

 

■お子さんの姿は自分の姿

お子さんの表情が暗いな、と感じた時は、自分の顔を鏡で見てみましょう。お子さんが暗い表情の子なのではなく、あなた自身の表情が暗いことが原因の一つです。子どもって本当によく見ているんです。親の話し方や笑い方をよく見て、真似をします。自然と似てくるのです。だから、お母さんと子どもってしぐさや表情、話し方がとても似ているんですよ。

 

もちろん、あなたも暗い表情の人ではなく、今は、豊かな表情で感情を表せるほど気持ちにゆとりがないのです。育児に家事に頑張りすぎてはいませんか?家族の助けを借りて、少し休息したり、お子さんと思いっきり遊ぶ時間を作ってリフレッシュしてみてはいかがでしょうか。

 

■たくさん笑ってみよう

楽しい絵本を一緒に読んだり、こちょこちょっとくすぐりっこをしてみたり・・・たくさん笑うきっかけをつくってみてください。「笑う」経験をたくさんすることで、お子さん自身も表情の作り方がわかってくるものです。それに、笑うと、気持ちも前向きになってきます。まさに、「笑う門には福来る」ですよ。

 

また、絵本を読むことで自分の知らない世界を知ったり、様々な登場人物の表情からお子さん自身が学ぶことが多くあります。親子で色々な絵本に触れて、絆を深めてくださいね。

 

前向きな気持ちにならない時は・・・

とにかく、ゆっくり寝たり、休息を取りましょう。食べたいものをたくさん食べて、お腹も心もたっぷりと満たして、心身にエネルギーを補給してあげてくださいね。

 

絶対に、「自分はダメな母親なのかも」なんて思ってはいけません。頑張りすぎてはいけません。自分をまず、たくさん褒めてあげてください。

 

■お子さんが安心できる環境を整えて

何か不安なことがあって、暗い表情になってしまうこともあるでしょう。お子さんとたくさんスキンシップをとってあげてください。何が不安なのか、悲しいことがあったのかなど、聞くことも大切ですが、スキンシップをとって、親子で同じ時間を共有することそのものが情緒の安定につながります。

 

一緒に遊ぶ、食事をする、お風呂に入る、眠る・・・日々の生活の中に、親子で行えることってたくさんあります。何か特別なことをしなくても、普段の生活を大切にすることそのものが、お子さんの心の安定につながりますよ。

 

 

 

 

(Photo by:pixabay

著者: luna39さん

本記事は、2016-07-30掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

ストレスに関する記事

あなたは大丈夫?産後うつのチェックシートを確認してみませんか?

  「産後うつ」とは、うつ病の一つです。出産後は妊娠中に赤ちゃんを胎内に迎える...

赤ちゃんを虐待から守るために…周囲のサポートの重要性

生まれたばかりの赤ちゃんは親のサポートなしには生きていくことのできない存在です...

ストレスの体験談

私の産後うつ体験談。当時の日記を抜粋します。

息子が生後3ヶ月頃です。 私は産後うつ状態で毎日のように泣いていました。 実家から遠く離れた...

二児のママになり今までで最大の地獄

 二人目が生まれて三か月。今日は本当に大変でした。主人は愚痴を聞いてくれないし、誰も話を聞いてくれな...

カラダノートひろば

ストレスの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る