カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. ママの悩み >
  4. 仕事 >
  5. 産休・育休からの復職…ワーキングママの同僚との付き合い方のポイント3つ

育児・子供の病気

産休・育休からの復職…ワーキングママの同僚との付き合い方のポイント3つ

共働き夫婦が増加した現代、妊娠を理由に仕事を辞めず産休・育休を経ていずれは会社に復帰しようと思われている方も多いと思います。

ママになって会社に復帰する際、同僚とどのような付き合い方を心がけていけばよいのか、ここでは3つのポイントに分けて考えていきたいと思います。

 

(1)不満は決して口にも顔にも出さない

働く子育てママは時に同僚に不満を抱く瞬間があります。

「仕事を休みがちなことに嫌味を言われる」「子育ての大変さをわかってもらえない」などなど…。

子育て中の同僚同士なら「お互い様」で済む事でも、色々な立場の仲間がいる会社の中では心無い言葉を言われて傷つくこともあるでしょう。

 

しかし決してその不満を口にも態度にも出してはいけません。

ここはぐっとこらえ仕事をきちんとこなし、仕事をやむなく代わってもらう時は「ありがとう」と必ず気配りするようにしましょう。

 

(2)社内でのママネットワークを構築しましょう

できれば、社内にいるママ同僚達とは積極的にコミュニケーションを図り、ネットワークを構築していきましょう。

個人的な連絡手段(メール、LINE等)を交換できれば、仕事の事などはもちろん育児の悩みなども共有できていろいろと捗ります。

 

ただし「ママ友トラブル」には要注意。

ママ同士といってもどうしても気が進まない、気が会いそうにない、という場合もありますから無理に仲間を作ることはありません。

 

(3)未婚の同僚には配慮を

会社には様々な人がいます。未婚や既婚でも、子どもがいない人などです。

子どものいない人はワーキングマザーが何かと優遇されているように見えて不満を抱いているかもしれません。

 

子どもを持つと優先順位が子どもの事になり、周りが見えなくなりがちですが一社会人としての節度と気配りを持って、なにかにつけて子どもが子どもがといわないように気をつけましょう。

 

以上、育児中ワーキングママの同僚との付き合い方について簡単に記載しました。

共通して大切なポイントは「周囲をよく見る」ということです。周囲をよく見れば「気配り」もできますし、案外近くに「ママ仲間」を見つけることができるかもしれません。

周囲をよく見て、ワーキングママ生活頑張っていきましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-07-31掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

仕事に関する記事

妥協は付き物?働くママとサービス業

  ご主人の扶養範囲内で、パート・アルバイトをしようとお考えの方はかなり多...

完璧が良いとは限らない?ワーキングママの勘違い

  ここでは、仕事と子育ての上手な両立方法についてお話しています。 誰で...

仕事の体験談

子育て中の在宅ワークのメリットとデメリット。子供が病気になっても、出勤に困らない!

12月に在宅ワークをはじめ、子育てをしながら在宅ワークをするにあたってのメリットとデメリットを書いて...

在宅ワークをはじめてみて。子育てとの両立や収入は?

子どもを保育園に預けて仕事しよう!と思っても、職場復帰以外のお母さんにはいろいろな壁があるのではない...

カラダノートひろば

仕事の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る