カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法

育児・子供の病気

4種類のてんかん発作

 

てんかんとは脳の病気の一つです。


●てんかんの症状


てんかんの症状はてんかん発作です。
この発作が出るタイプの脳の病気は、すべててんかんと呼ばれています。
てんかんを持っている子は少ないのでは、と思う方もいるようですが100人から200人に1人はかかっている病気です。
片頭痛、ぜんそく、アレルギーなどと同じくらい罹患者が多い病気でもあります。
てんかん発作は一種のけいれんです。
意識障害にまで至ることもありますが、ほとんどは数分から数十分の短い発作です。
人によって発作が起きる時間帯、状況は異なります。
特定の状況で発作が起きやすい方もいれば、状況に関係なく発作が起きる方もいます。


●一般的なてんかん


以下に示す3つのてんかん以外のてんかんを指しています。
脳や神経系に問題が生じることでてんかん発作が起きます。
抗てんかん薬が治療として用いられます。


●ウエスト症候群


生後4か月くらいから見られるてんかんで、点頭てんかんという名前も持っています。
眠る前、起きる前に手足を突っ張るような独特の動きをするのが特徴で、ウエスト症候群の子は発達障害も併発することがあります。


●小児てんかん


幼児期のみ、てんかんが起きるという病気です。
中学生から高校生になると、自然にてんかん発作がなくなります。
それまでは抗てんかん薬での治療を行います。


●レノックス症候群


小児てんかんとよく似ていますが、力が抜けて倒れたりするのが独自の特徴です。
ウエスト症候群からレノックス症候群へと移行する場合も多いです。

 

(Photo by //www.ashinari.com/2011/07/26-348605.php)

著者: デカルトさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

自閉性障害(自閉症)に関する記事

育て方は関係ない?!広汎性発達障害「自閉症」の原因と治療法

  発達障害の中の広汎性発達障害に含まれる、自閉症。特徴について正しい知識...

自閉症の種類と特徴〜カナー症候群とアスペルガー

  自閉症は大きくカナー症候群とアスペルガーの2つに分類されます。   カナー...

自閉性障害(自閉症)の体験談

3歳で自閉症スペクトラムと診断。突然わが子が障害児と診断されたら

息子が3歳で自閉症スペクトラムと診断された医者には、 「お母さんがまず自閉症について勉強してくださ...

3歳を過ぎても気付かなかった。自閉症や発達障害の兆候

回るものが大好きで、コマをまわすのが凄く得意でした自閉症とは夢にも思わなかった私はわが子が自閉症や発...

カラダノートひろば

自閉性障害(自閉症)の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る