カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 更年期に起こる自律神経失調症状「のぼせ・ほてり・発汗」症状の対処法

女性のカラダの悩み

更年期に起こる自律神経失調症状「のぼせ・ほてり・発汗」症状の対処法

更年期は体の中で大きな変化が起こっている時期です。

「変化」というのは人の体にとっては、非常に負担になることもあり、変化の幅が大きければ大きいほど、色々な症状が引き起こされます。

 ここでは、更年期に起こる自律神経失調症状「のぼせ・ほてり・発汗」症状についてご紹介します。

 

自律神経失調の症状とは?

自律神経という言葉を聞いたことがありますか?

自律神経が乱れることを自律神経失調症と言いますが、これは特に更年期に限ったことではなく、若い人であっても起こるものです。

ただ、更年期になるとこの自律神経失調症状を感じる人が多くいます。

 

そもそも自律神経とは、交感神経と副交感神経のふたつがバランスよく働いているのが正常な状態です。

これによって体の状態を正常に保とうとしています。

例えば、暑ければ血管を広げて熱を発散させ、寒ければ血管を収縮させて熱を逃がさないようにするという働きをしています。

この自律神経のバランスが乱れてしまって、うまく働かなくなったり、過剰に働いたりしてしまって見られるのが、自律神経失調症状です。

 

だから起こる「のぼせ」「ほてり」「発汗」

更年期に見られる症状でよく知られているのが、「ホットフラッシュ」と呼ばれる症状です。

これは、「ほてり」や「のぼせ」「発汗」といった症状が極端に見られるもので、更年期に入った多くの方に見られます。

 

前述の通り、更年期には自律神経失調症が見られやすくなっており、そのため血管の収縮などの調整が「行き過ぎる」ようになってしまいます。

そのため、必要もないのに熱を体に溜めこんでのぼせてしまったり、熱を発散させるべきなのにその機能がうまく働かなかったりしてしまうのです。

 

自律神経失調症状への対策は?

更年期のこうした症状は、症状が出ているときはつらさがあるかもしれませんが、それ自体はあまり心配するものではありません。

そのため、更年期の期間が終わるまで、自分でできる対策をして待つのもよいでしょう。

ただ、更年期でこうした症状が出るのは、自律神経失調症状によるものだけでとは限りません。

時には高血圧や心疾患が原因でほてりやのぼせの症状が出たり、甲状腺の異常で発汗症状が出ることがあるかもしれません。

 

そのため、更年期に見られるこうした症状を、全て更年期によるものと決めつけるのは早計かもしれません。

 

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

近年増加中!10代でもPMS症状が出る訳とは

10代の女性は、PMS人口の全体から見るややPMS症状が出にくいと言えます。...

更年期障害と間違えやすい病気「不定愁訴」をご存知ですか?

 更年期かな・・・でもちょっと違うかも・・・更年期障害と良く間違えられる精神疾...


更年期になると膣(ちつ)が萎縮する!?萎縮性膣炎(いしゅくせいちつえん)で見られる症状!症状が強ければ治療を

膣(ちつ)は、外に対して開かれたところにあるため、不衛生になりやすく、感染がお...

更年期になってからいびきを指摘されるように…「睡眠時無呼吸症候群」?女性の更年期といびきとの関係

いびきは男性がかくもの、というイメージがあります。実際、若い女性はあまりいびき...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る