カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 対処法 >
  5. 更年期の自律神経失調症状、ホットフラッシュ…自分でできるホームケア

女性のカラダの悩み

更年期の自律神経失調症状、ホットフラッシュ…自分でできるホームケア

更年期に起こる症状でよく知られているのが「ホットフラッシュ」という症状だと思います。

ホットフラッシュとは、カーッと急に首から上が熱くなるなどの、のぼせ、ほてり、発汗といった症状のことで、実際多くの人に見られる更年期症状です。

 

更年期で自律神経が乱れる

自律神経は、交感神経と副交感神経がバランスを保ちながら体の機能を調整しています。

具体的に言うと、体温調節などの調節を担っているのが自律神経なのですが、このバランスがくずれることで体に不調が起こります。

この自律神経の乱れが更年期の症状として、自律神経失調症状になります。

そのひとつが、ホットフラッシュなどの体温調節の異常です。

本来自律神経がしてくれる、暑いときに熱を放出し、寒いときに熱を蓄えるといった調節が、うまくできなくなってしまうのです。

 

こうした自律神経失調症状、どう対応する?

更年期障害の症状は、自律神経の不調と精神症状が関係し合うことで起こるとも言われています。

そのため、自律神経失調症状に対処することは、更年期の症状全体を改善するのにつながっていきます。

その第一段階として、ホットフラッシュの症状への対処法を実践してみましょう。

 

(1)ストレスコントロール

自律神経は精神症状にも大きく左右されます。普段からストレスを溜めがちだという人は、自分なりのストレスの発散方法を見つけておきましょう。

また、普段感情を押し込めてしまうという人は、なるべく感情を表に出す練習をすることも必要です。

 

(2)運動

特に発汗などの症状に対しては、きちんと普段から汗をかいておくことが大切です。

全身にある汗腺は、汗をかかない状態が続くとそこから汗が出にくくなってしまい、汗の分量が他の場所に偏ってしまうのです。

そのため、日頃から軽い運動などで、汗腺をバランスよく活発にしておくのが良いでしょう。

運動をすればストレスの発散にもなります。また、ストレスコントロールと発汗という意味では、ヨガなども適しています。

 

(3)ビタミンCAEを摂る

バランスのとれた食事はもちろんですが、特にビタミン類は意識して摂りたいところ。

ビタミンCはストレスを受けた体に必要ですし、ビタミンAやビタミンEも自律神経のコントロールを助け、症状を緩和できます。

 

自分でできる対処から

更年期症状を薬で軽減することもできます。

症状がとても重く、生活に支障が出ているというのであればそれもよいですし、そうするべきかもしれませんが、そうでないならば、生活の中でできる対処を考えてみて下さい。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

対処法に関する記事

更年期に起こる激しい動悸…「深呼吸・刺激物・リラックス」…おすすめの対処法

   40代後半から50代後半くらいに体の不調が起こった場合、どんな原因を考える...

更年期に起こるしわ・たるみ…この時期にしたいセルフケアって?

  一気に「老けた」印象になる、ほうれい線、目じりの小じわなどは、女性であれば誰...


更年期のしびれはセルフケアで改善できる!ケアのキーワードは「血行促進」

更年期になって手足のしびれに困っていないでしょうか? 更年期というと、ホットフ...

太陽の光を浴びて孤独感を解消!更年期の孤独感はこんなことで解消できる!?

うつ病になると突然不安感に襲われたり、孤独感にさいなまれたりします。 しかしこ...

カラダノートひろば

対処法の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る