カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 更年期になると起こる「冷え」症状…ただの冷えと思って放っておいてはダメ!

女性のカラダの悩み

更年期になると起こる「冷え」症状…ただの冷えと思って放っておいてはダメ!

更年期になって生じる様々な不調は、女性ホルモンの分泌量の低下によるものというのは、知っている人も多いと思います。

これに伴って見られるのが、体の異常な冷えなどの自律神経に関係した症状です。

ただの冷えと思って放っておいてはいけません。 ここでは、更年期になると起こる「冷え」症状についてまとめました。

 

なぜ更年期で自律神経が乱れる?

更年期になると、閉経に向かう卵巣の機能低下に伴って、卵巣で分泌される女性ホルモンのエストロゲンの分泌量が低下していきます。

このエストロゲンは、脳の視床下部といった場所で性腺刺激ホルモンを分泌して、エストロゲンの分泌を促しています。

しかし卵巣自体が機能低下しているので、いくら脳が指令を出してもエストロゲンは分泌されません。

そうすると視床下部は混乱してしまい、エストロゲンを分泌させようと働き続けます。

そうして、視床下部が過労状態になってしまうと、視床下部が担う他の働きにも影響が出てしまいます。

そもそも視床下部という場所は自律神経の中枢ですので、視床下部の混乱が、自律神経の乱れにつながってしまうのです。

この自律神経の乱れから起こるのが、更年期に起こる自律神経失調症状なのです。

 

体温調節がうまくできなくなり「冷え」が起こる

自律神経というのは体の色々な機能の調整を測るもので、それが乱れると体全体の不調となって症状が見られます。

自律神経の働きのひとつが体温調節で、通常、外気に合わせて血管の太さなどを変え、体温を調節しています。

その自律神経の働きが乱れて起こるのが、「冷え」です。

熱を保持しなければいけない場面でそれが出来なかったり、必要のない場面で熱を放出してしまうように働いたりといったことで、冷え症状が起こります。

 

冷えは軽視できない

体が冷えた状態というのは、その逆よりもよっぽど厄介かもしれません。というのも、体が冷えていると体全体の機能が低下し、同時に精神状態にも影響を及ぼします。

冷えによってストレスを抱えれば、それがまた自律神経を乱すことになり、悪循環にもなってしまうのです。

ただ、冷えは日常生活の中で対処しやすい症状でもあります。

更年期で見られる冷えは、ただ温めるというだけではなく、運動や入浴など、自律神経の乱れそのものを改善していくような方法で対策した方が効率的でしょう。

 

(Photo by:足成 ) 

著者: カラダノート編集部

本記事は、2016-07-28掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状に関する記事

更年期に起こる腰痛は更年期の前から予防を!姿勢が悪い・肥満な人は危ない…!?

更年期になって「腰痛がひどくなった」と訴える人が多いようです。 腰痛自体は更年...

更年期になってからいびきを指摘されるように…「睡眠時無呼吸症候群」?女性の更年期といびきとの関係

いびきは男性がかくもの、というイメージがあります。実際、若い女性はあまりいびき...


近年増加中!10代でもPMS症状が出る訳とは

10代の女性は、PMS人口の全体から見るややPMS症状が出にくいと言えます。...

PMSを支えるには、まず知ることから!

PMSは女性特有の問題であるため、男性に理解を求めるのがとても難しいことは事...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る