カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 育児・子供の病気 >
  3. 授乳 >
  4. 搾乳 >
  5. 赤ちゃんを預けて外出…そんなときは母乳の搾乳をしておこう!便利な搾乳グッズまとめ

育児・子供の病気

赤ちゃんを預けて外出…そんなときは母乳の搾乳をしておこう!便利な搾乳グッズまとめ

赤ちゃんには母乳をなるべくあげて育てたい、でも仕事やリフレッシュのために人に預けて外出したいな…という時ありますよね。

そんな時に活用したいのが母乳の搾乳です。ここでは便利な搾乳グッズについて触れていきたいと思います。

 

母乳が大量に必要な時、手搾りよりも断然楽な搾乳器!

母乳は道具が無くても手で哺乳瓶に搾る事が可能ですが、何より手が疲れて大量に搾るのには向いてないです。

飲ませられるほどの量を搾る時は搾乳器の購入をお勧めします。搾乳器は主に手動タイプと電動タイプがあります。

 

手動タイプは値段が数千円とお手頃ですが、大量に搾ると手が疲れるのが難点です。

しかし1日の内1回か2回分の授乳を人に任せる、ぐらいの使用でしたら手動タイプの方が値段が手頃なのでお勧めです。

 

電動タイプは自分でポンプを動かす必要が無く、胸にカップを当てると自動で搾ってくれるので大変楽です。赤ちゃんが入院していて大量の母乳が必要、というときはこちらがお勧めです。

ただし値段は数万円以上するものが殆どです。一時期しか使わないものなのでレンタルも検討してもいいでしょう。

 

手で搾る時に便利な搾乳カップ

搾乳器は楽に母乳が搾れるのですが、乳腺を痛めやすいという欠点があります。そのため手で搾りたい方には「搾乳カップ」というグッズがお勧めです。

 

漏斗のような広い受け口を哺乳瓶に装着し、四方八方に飛び散る母乳を受け止め、哺乳瓶に母乳を効率よく溜める事ができます。

おっぱいが張って痛くてマッサージをしたい、という時にも母乳が飛び散らないのでおすすめです。

 

母乳の保存に便利なグッズ「母乳バック」

搾った母乳の保存方法ですが、長期間保存したい時は母乳冷凍バックというグッズが便利です。平たく薄く延ばせるので、冷凍庫内で場所をとりません。

哺乳瓶でも冷凍できますが、その場合乳首部分は取り外し、市販のチルド専用哺乳瓶キャップで密閉しましょう。

 

搾乳には手で搾るか、器械を使うか、どちらにしても便利なグッズが市販されています。

また、搾乳した母乳の保存には母乳バックや哺乳瓶用密閉キャップなどが市販されています。

自身の用途に合わせて、お好きなものを選んで母乳育児を楽しみましょう。

 

(Photo by:pixabay

著者: mikanman09さん

本記事は、2016-08-01掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

搾乳に関する記事

搾乳器は必要?出産の準備をしよう!【後編】

 ・・・搾乳器は必要?出産の準備をしよう!【前編】はコチラ・・・   ◆...

初めての授乳はママ・赤ちゃんどちらも初心者!授乳の流れとコツ!

赤ちゃんが産まれたら母乳で育てようと思っている人もいるでしょう。出産するとす...

搾乳の体験談

メデラの搾乳機がおすすめ!マッサージ機能で痛かった胸のハリも楽に

息子が生まれて生後9日目に家族で外出をしました。 どうしても欲しいものが出てきたからです。 ...

初めての授乳☆保護器の使用で体も心も改善

授乳の痛みが衝撃だった日。 そこでまたまた看護師さんが持ってきてくれたのは、保護器です。授乳の保護...

カラダノートひろば

搾乳の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る