カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 更年期 >
  4. 症状 >
  5. 「不定愁訴」ってなに?どんな症状?多用な原因が重なって起こる更年期の不定愁訴

女性のカラダの悩み

「不定愁訴」ってなに?どんな症状?多用な原因が重なって起こる更年期の不定愁訴

更年期には「不定愁訴」を起こしやすいと言われています。

不定愁訴という言葉だけを見ると、どんな大層な病気なのだろうと思うかもしれません。

この不定愁訴はどんなものなのでしょうか?

 

「不定愁訴」ってなんだ?

不定愁訴というのは特定の症状を指す言葉ではありません。これは体の中に器質的な原因がないけれども、身体症状が見られるというものです。

実際に患者さんは具体的な症状に悩まされているにもかかわらず、病院に行って検査をしてもらっても異常が見つからない…といった状況が、不定愁訴なのです。

 

更年期は特に病気というわけではなく、体のホルモンバランスなどが変化していく時期です。

それに伴って見られるのが、不定愁訴なのです。

 

具体的に不定愁訴の症状ってなに?

不定愁訴に特定の症状はありません。色々な症状が見られ、それをまとめて不定愁訴と言います。

更年期に生じる不定愁訴のことを更年期症状とも言いますし、この症状が生活に支障が出るほどにひどくなれば更年期障害と言い方が変わります。

 

具体的な症状としては以下のようなものがあります。

 

<身体症状>

頭痛、肩こり、関節痛、しびれ、視力低下、吐き気、腹痛、食欲不振、排尿痛、性交痛、動悸…など

 

<精神症状>

憂鬱、不安感、孤独感、イライラ、気分の激しい落ち込み…など

 

不定愁訴では全体的に疲れやすいという全身症状がみられることもあります。

また上記のような症状の中で、関係の薄い複数の症状が同時に見られたり、次から次へと症状がかぶっていったり、不安定な症状が続くのも特徴です。

 

更年期だけが原因ではない

不定愁訴というのは、更年期の体の変化だけが原因で起こるというよりも、身体的な疲労や、精神的ストレス、生活習慣など色々な要因が重なって起こるものです。

更年期であれば体の老化が不定愁訴の原因の一つになることもあります。

特に更年期障害と言われるくらいに症状が強く出る場合には、更年期の体の変化以外の原因があることが多く、それを解消することで症状が改善することもあります。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

症状に関する記事

更年期に起こる自律神経失調症状「のぼせ・ほてり・発汗」症状の対処法

更年期は体の中で大きな変化が起こっている時期です。 「変化」というのは人の体に...

よく似た特徴を持つ、PMSと「若年性更年期障害」

PMSはホルモンバランスの乱れからくるということは、もうみなさんご存知の通り...


隠れ患者が多い! いびきと「睡眠時無呼吸症候群」における女性の割合とその理由

いびきや「睡眠時無呼吸症候群」は生活習慣病との合併によって、命に関わることもあ...

更年期の中期から後期にかけて起きる「足のだるさ」症状 なぜ足がだるくなるの?

更年期の症状としてはあまり聞かないかもしれませんが、「足がだるい」と訴える人が...

カラダノートひろば

症状の関連カテゴリ

症状の記事ランキング

人気体験談ランキング

女性のカラダの悩みのひろば閲覧ランキング

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る