カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 月経困難症 >
  6. 起き上がるのもつらい月経困難症…症状緩和のためにはどんな薬が効く?

女性のカラダの悩み

起き上がるのもつらい月経困難症…症状緩和のためにはどんな薬が効く?

毎月の月経は将来赤ちゃんを授かるときに必要なことですが、その月経に悩まされているという人も多くいるでしょう。

中でも月経困難症は特に重い生理痛を生じるもので、生活に支障が出てしまう症状が見られます。

 

つら~い月経困難症

本来月経は特に病気などではないので、痛みなどの症状が無いのが普通です。ですが、多くの人において、多かれ少なかれ不快症状があると思います

その中で最上級と言っていいのが月経困難症で、生理症状のために起き上がれなかったり、やむなく会社や学校を休んでしまったりといった症状が出てきます。

月経困難症には、特に病的な原因のないタイプと、子宮内膜症などの原因がはっきりとあるタイプがあります。

病的な原因があるのならば、それを治療することで症状の改善を望めますが、病的な原因がないタイプとなると、どのように症状を軽減するのでしょうか?

 

月経困難症を薬で治療する

その人の体質などによって、特に病気でもないのに月経困難症が引き起こされている場合があります。

その場合は服薬などの方法で症状の緩和を図ります。

 

・プロスタグランジン合成酵素阻害薬の服薬

月経困難症の人に見られるのが、プロスタグランジンというホルモンの分泌量の多さです。

このホルモンの過剰生成によって、痛みなどの生理症状が引き起こされていると考えられています。

セデスやイブなどの鎮痛剤は、このプロスタグランジンの生成を抑制して、症状を軽減する働きを持っています。

 

・黄体ホルモン剤の服薬

生理の1週間くらい前から内服をはじめます。

生理痛そのものを軽減させてくれますが、それだけではなく生理不順や、子宮内膜症の悪化を防ぐ働きもあります。

 

・低用量ピルの使用

程度が重い月経困難症の場合、ピルの服用によって症状を抑えることがあります。

ピルを服用すると経血の量が減少するのと同時に、症状が改善することが多いようです。

 

他の代替療法も!

月経時の症状が強ければ薬を服用して症状を緩和させるのは仕方がありません。もちろんその前に医師と相談し、色々な検査を受けた後に治療の方針を決めていきます。

ただ、月経困難症の原因がストレスなどの場合、こうした服薬での治療よりも、漢方薬鍼灸の方が有効に働くこともあります。

西洋医学だけで考えず、広い視野から自分の症状を見つめられるとよいですね。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

月経困難症に関する記事

月経困難症の吐き気は、薬では治らない!?有効な対処法は?

生理中に不快な症状が出るのは、多くの女性が経験することだと思います。   ...

激しい生理痛の症状 月経困難症治療のための手術について

  月経困難症の治療、特に器質性月経困難症の治療は、痛みやつらさとどのように折...


辛すぎる生理痛…なにかの病気のサインなの?

鎮痛剤を飲んでも痛みが治まらず、仕事や学校に行くこともままならない…。そんな、...

プロスタグランジン、ストレス、冷え…月経困難症で考えられる原因とは?

生理が来るのが毎月憂鬱に感じてしまうくらい、生理が重い人がいると思います。 生...

カラダノートひろば

月経困難症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る