カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 月経困難症 >
  6. つらい月経困難症でも薬に頼りたくない人への有効な対処法まとめ

女性のカラダの悩み

つらい月経困難症でも薬に頼りたくない人への有効な対処法まとめ

生理症状が重く、つらい月経困難症は、多くの女性に見られる症状です。

特に若い女性によく見られるものですが、生理症状がつらすぎて「病気かな?」と思っても、特に病的な原因が見つからないことが多いようです。

 

「原因のない」つらい生理痛

特に病的な原因がなくても、月経困難症が起こります。

これは体質や食生活を要因として、プロスタグランジンというホルモンの分泌量が多くなっていることが原因のひとつです。

このホルモンの分泌が多いと、子宮を収縮させ、血流量を減少させ、子宮内の痛みを敏感にさせます。

また、若者の場合、まだ子宮が発達途中で狭いということもあって、月経困難症に拍車をかけているという場合もあります。

          

薬に頼りたくない!どうやって対処すればいい?

症状がつらければ、プロスタグランジンの生成を抑制する薬などを服用して、症状を緩和させることもできます。

ですが、生理はこれからもずっと続くことですし、そのたびにずっと薬を服用していくというのも嫌に感じる人は多いでしょう。

 

実際、月経困難症は若者に多く、年齢や出産回数と共に軽減していく傾向があります。

それまで薬を服薬するという方法ももちろん選択肢の一つとして考えるべきですが、薬に頼らない方法も考えてみましょう。

 

・とにかく運動!

生理症状の程度は、日頃から運動習慣があるかないかで大きく変わるというのは、よく言われることです。

月経困難症においてもこれは例外ではなく、普段から規則的に運動をしていることで、生理症状を軽くすることができます。

これは十分に体の筋肉を使うことによって、体全体の血流がよくなるため、プロスタグランジンが子宮内にとどまりにくくなるためと考えられます。

 

・ストレス解消

ストレスと月経困難症は大いに関係があります。

特に若い女の子の場合、生理に伴う不快感や、気恥ずかしさに加え、思春期の安定しない精神状態からの影響を受けやすいです。

 

運動をしてストレス解消をするのはとてもよいですし、お風呂などに使ってリラックスタイムを持つのも、血行促進にもなってよいですね。

十分な睡眠をとることも心身ともに安定した状態にしてくれます。

 

・十分な鉄分

食事はバランスのとれたものが前提ですが、中でも月経によって多く失う血液、鉄分の元になる食材は意識して摂取してみてください。

 

生理前には特に注意を

生活の中での注意点は、常に守れればよいですが、それが難しいという人もいるでしょう。

それならばせめて生理の1週間くらい前から気をつけてみてください。

「そろそろ整理だな」と思ったときにやっておけば、症状も軽くなるはずです。

 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-07-29掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

月経困難症に関する記事

月経困難症の吐き気は、薬では治らない!?有効な対処法は?

生理中に不快な症状が出るのは、多くの女性が経験することだと思います。   ...

月経などのホルモンバランスなどを調整!月経困難症に鍼灸治療を

       ストレス社会と言われる現在、月経困難症の方が増えています。 ...


年齢を重ねて生理がつらくなった!?後天性の月経困難症は病気の可能性が…

ある程度年齢が高くなってから、「月経時の症状がつらくなった」ということはないで...

生理期間がつらい月経困難症…あなたの体の中にはどんな原因が潜んでいる?

起き上がるのもつらい程の生理痛なら、何か体の中に治せる原因がある方が、幾分か気...

カラダノートひろば

月経困難症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る