カラダノート家族の健康を支え笑顔をふやす
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 月経困難症の吐き気は、薬では治らない!?有効な対処法は?低用量ピル『ヤーズ』の危険性について

女性のカラダの悩み

月経困難症の吐き気は、薬では治らない!?有効な対処法は?低用量ピル『ヤーズ』の危険性について

生理中に不快な症状が出るのは、多くの女性が経験することだと思います。

 

そんな中、生理中に「吐き気」の症状があるという人はいませんか?

生理症状がいつも重くてつらい思いをしていないでしょうか。

 

生理中の「吐き気」症状…それって月経困難症かも?

生理中に吐き気の症状に襲われるという人は、月経困難症かもしれません。

月経困難症とは、日常生活に支障が出るほどの生理症状が起こるもので、病的な原因がなくても起こります。

 

生理中に起こる不快な症状というと、下腹部の痛みが最も多いのではないでしょうか。

それに伴って吐き気や下痢などの胃腸系の症状が見られる場合、月経困難症の可能性が高いです。

 

また、通常の吐き気止めを服用してもあまり効果がないという場合も、月経困難症の症状の可能性が高いでしょう。

 

月経困難症になる原因は?月経困難症と吐き気

月経困難症の多くは、病的な原因のない生理症状です。

その中で大きな原因として言われているのが、プロスタグランジンというホルモンの過剰分泌です。

このホルモンによって不快症状が重くなっているとされています。

 

このプロスタグランジンは、子宮内膜から分泌されて、子宮内で働き生理症状を重くします。

しかしそれだけではなく、他の場所の血管やすぐ近くにある胃や腸の壁を収縮させる作用も持っています。

そのためプロスタグランジンの影響によって、吐き気症状が起こってしまうのです。

 

月経困難症の吐き気は、通常の吐き気止めや月経困難症の改善薬では緩和しないことが多いため、漢方薬や生活の中での対処を考えることがとても重要です。

 

プロスタグランジンを抑制する薬に注意

市販薬のいわゆる生理痛薬などがそうですが、月経困難症の大元の原因とされるプロスタグランジンの合成を抑制する薬があります。

確かに、こうした薬を服用することで月経困難症のつらい症状を緩和することができます。

 

しかし、こうしたプロスタグランジンを抑制する薬には、胃腸粘膜の働きを低下させるという副作用があります。

そのため、プロスタグランジンの生成を抑えて、月経困難症の症状を緩和できても、今度は薬の副作用として吐き気症状などが残ってしまうことがあるのです。

 

吐き気の対策アレコレ

自分でできる吐き気対策は色々とあります。

その中で自分に合ったものを選んで実践していきましょう。

 

・漢方薬

漢方薬で吐き気症状を緩和させる場合、下記の漢方薬が選択肢として挙がります。

 

当帰芍薬散(頭重感、めまい、冷え性、肩こりのある場合)

五苓散料(頭痛、むくみのある場合)

半夏白朮天麻湯(頭痛を伴う場合)

当帰呉茱萸生姜湯(冷え性や腹痛を伴う場合)

 

漢方薬も薬ですので、自分の体に合ったものを処方してもらうのがよいでしょう。

 

・ツボ

吐き気に有効に効くツボに、「内関」というツボがあります。

手首のあたりにあるツボで、手のひらの終わりから肘に向かって、手首の中心を指幅3本分移動したところにあります。

吐き気が起こりそうなときなど、あらかじめツボお押しておくとよいです。

 

・冷え対策

体が冷えていると血液の循環がうまくいかず、プロスタグランジンを子宮にとどまらせてしまうので、生理症状を増強してしまいます。

それが吐き気へとつながってしまいますので、出来るだけ体を温めるようにすると良いです。

 

自分に合った方法を実践、それでもだめならピル

それぞれ体の中の状況や生活習慣は微妙に異なりますから、どの方法が効果を発揮するかわかりません。

そのため色々な方法を実践してみて、自分に適した方法を見つけてみて下さい。

 

もし、症状がつらくてどうしようもないという場合は、低用量ピルを用いて症状を緩和することもできます。

 

色々な可能性を考えながら対策をしていきましょう。

 

吐き気が起こらないような工夫を

吐き気症状というのは、実際あると仕事に集中できなかったり、何度もお手洗いに駆け込んでしまったりしてつらいものです。

 

そのため、できるだけ症状を軽減させるため、胃の中を空っぽの状態にしないよう気をつけたり、体を冷やさないようにしたり、薬以外での対処法を見つけてあげることが必要ですね。

 

経血がうまく通らない…腹痛・吐き気、もしかして“月経困難症”

■症状と原因 

月経中は多くの人がお腹や腰などに重いような、にぶい痛みを感じます。

また、ホルモンの変化や、子宮から出る経血の不快感もあって、なんとなく憂うつな気分や、全身のだるさを感じる人もいます。

痛みや不快感の程度は人それぞれですが、あまりに強い痛みに外出ができない、寝込んでしまうという生活に支障をきたすケースを月経困難症といいます。

 

月経困難症の辛い痛みの原因のひとつは子宮の収縮にあります。

月経中は、子宮の中を覆っている子宮内膜や血液が経血として排出されます。

その経血を外に押し出すために子宮の収縮を促す物質、プロスタグランディンが分泌されます。

プロスタグランディンは、痛みの原因になるので、これが多くなると子宮の収縮が激しくなり、月経痛が重くなることもあります。

 

また、子宮が発達段階にある10~20代の女性は、経血が通る子宮頸管が細いことが痛みの原因になる場合も。

通り道が細いのに、子宮の収縮で経血が無理に押し出されるため痛むのです。

出産を経験すると月経痛が軽くなる人がいるのは、妊娠で子宮の筋肉が発達し、子宮頸管も開いて経血が通りやすくなるためです。

 

■月経困難症の症状 

・痛みが強く、家事ができない、外出できない

・痛みで寝込んでしまう

・痛みが月経中ずっと続く

・吐き気がする

・立ちくらみ、めまいが激しい

・鎮痛剤が効かない

・からだが重くて動く気がしない

・顔やからだのむくみがひどい

 

死亡例が報告された低用量ピル『ヤーズ』の危険性について

『ヤーズ配合錠』は血栓発症率を3~5倍引き上げる

 

2010年11月に、重い生理痛の治療薬である低用量ピル『ヤーズ配合錠』(製造元:バイエル薬品)が承認されて以来、副作用の『血栓症』によって女性3人が死亡したという報告がありました。

厚労省とバイエルの発表では、3人のうち、20代女性は脳に血栓ができ、薬を飲み始めて13日後に死亡が確認され、2人目の10代女性に関しては、肺に血栓が見つかり、今月(2014年1月)死亡が確認された40代の女性は肺と足に血栓症が見つかったとされています。

低用量ピルは主に生理痛の治療や避妊目的で利用されていますが、血栓が起こるリスクは通常の3~5倍引き上げるとされています。またヤーズ以外のピルでも約10人の死亡が確認されているとも言われ、注意が必要です。

以下では、低用量ピルについて詳しく見て行きたいと思います。

 

低容量ピルとは?

低容量ピルとは、上記のように経口避妊薬として用いられる物です。

作用のメカニズムとしては、女性ホルモンである『エストロゲン』と『プロゲステロン』の合剤を、生理周期に合わせて使用することで、排卵を抑制して妊娠が起こらなくなるようにするという薬です。

子宮内膜の炎症を抑え、生理痛を減弱させる効果から、子宮内膜症の治療などに使用されることもあります。

 

<配合剤(エストロゲン・プロゲステロン)について>

低用量ピルに配合される、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)の詳細は以下の通りです。

 

◇エストロゲン

エチニルエストラジオール(含有量は少ないものから多いものまで種類がある)

使用量:日本では通常1日30μg~40μg(1日50μg以下は低用量ピル)

 

◇プロゲステロン

主に以下の5種類があります。

・ノルエチステロン・・・第一世代(オーソ21Mなど)

・レボノルゲストレル・・・第二世代(アンジュ21やトリキュラー21など)

・デソゲストレル、ゲストデン・・・第三世代(マーベロン21、28)

・ドロスピレノン・・・第四世代(ヤーズ配合錠など)

 

【効果の強さ順】ノルエチステロン<レボノルゲストレル<デソゲストレル<ゲストデン<ドロスピレノン

 

副作用である血栓症について 

低用量ピルは、様々な副作用の中でも最も問題とされるものに、『静脈血栓塞栓症による肺塞栓』が挙げられています。

 

<副作用の血栓症はなぜ起こる?>

血栓症の起こる機序としては、エストロゲンが肝臓由来の凝固因子を増加させることに起因していると言われています。実際に、エストロゲンの量の多いピルでは、この血栓症の頻度が高く、プロゲステロンの単独の製剤では、この血栓症の増加はないという報告があります。『低容量ピル』とは、エストロゲンの量が少ない事を指しており、その目的は血栓症を増加させないことにあります。

 

⇒しかし近年、プロゲステロン製剤の強度により、静脈血栓症発症の頻度が上昇するという事実が分かったとされています。具体的な検証結果は以下の通りです。

 

<静脈血栓症発症率の検証結果>

同エストロゲン量、強度の異なるプロゲステロン製剤を使用し、比較検証が行われた。通常、経口避妊薬未使用の女性では、静脈血栓症の発症率は女性1万人当たり3.7人/年であった。

⇒第二世代薬(レボノルゲストレル)使用例では、発症率は未使用者の2倍、第三世代(デスゲストレル・ゲストデン)では4倍、第四世代(ドロスピレノ)4.5倍弱になった。

 

血栓症以外にも2つの問題がある

専門家によれば、低用量であるからと言って安全とは言えないとされています。その理由としては、

1)10代からの服用で、30代での乳がん発生リスクが増大する

2)生殖器の発育不全によって、不妊や早産のリスクが増加する

などが挙げられています。

 

最後に

ヤーズは現在日本で14万人にも処方されているという報告がありますが、一人当たりの年間の薬代が8万円余りとなり、年間合計112億円もの多額の売上になることから、中には販売目的で処方を薦める医師もいると言われています。

今回のヤーズだけに限らず、低用量ピルは専門家の間では、強く警告が行われていることもあり、その有効性について一度再考してみることが必要であるようです。

(Photo by:pixabay

著者: カラダノート編集部

本記事は、2017-04-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

症状・トラブルに関する記事

憂鬱な生理中はアロマで解消!マッサージや入浴にも

  生理のあるときも、ないときも、女性は毎日ホルモンの影響を受けています。特に...

辛い生理痛・・・温めるべき場所はココ!

  生理痛のひどいときには、腹部や腰の周辺を温めると症状が軽くなると言われてい...


生理痛の腹痛、その原因と和らげる体勢とは?

「生理になるとお腹が痛くなる…。つらい。」   生理中は、お腹の痛み...

実はそれ、生理痛なんです!生理中の腰痛の原因と対処方法

生理前、お腹は痛くならないけれども、右か左のどちらかに偏った痛みを感じること...

カラダノートひろば

症状・トラブルの関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る