カラダノートみんなの役立つ予防法や対処法
  1. カラダノートTOP >
  2. 女性のカラダの悩み >
  3. 生理・月経 >
  4. 症状・トラブル >
  5. 月経困難症 >
  6. 大人になってみられる月経困難症…変化があったらすぐに病院で診察を!

女性のカラダの悩み

大人になってみられる月経困難症…変化があったらすぐに病院で診察を!

  

年齢を減るとだんだんと月経症状との付き合い方も慣れてきますよね。しかし時に、自分の月経時の症状が悪い方に変化してしまうことがあります。

 

子宮内膜症の疑い

年齢を重ねてから月経中の症状が悪化した場合、子宮内膜症の疑いが強くなります。どんな症状の場合に子宮内膜症が疑われるかというと、いわゆる月経困難症が後天的にあらわれる場合です。

 

月経困難症は、簡単に言えば非常につらい生理症状のことです。つらさの基準としては、生活に支障が出るくらいの症状で、下腹部痛や吐き気、倦怠感など、症状自体は色々です。

この症状が初潮のときには見られず、年月を重ねるにしたがって次第に見られるようになっていった場合、後天性の月経困難症と言います。その場合に子宮内膜症の疑いが高まります。

 

変化がみられたら診察を

後天性月経困難症が見られた場合、放置すべきではありません。

月経困難症自体は病的な原因がなくて起こっているケースもありますので、その場合にはセルフケアで対処することも必要です。しかし、子宮内膜症が疑われる場合、きちんと診察を受け治療が必要です。

 

子宮内膜症の診断のためには、「問診」をはじめとし、「内診」「超音波検査」「CT検査」「MRI検査」「血液検査」などを必要に応じて行います。それに加えて「腹腔鏡検査」によって子宮内膜症の大きさや広がりなどを直接的に観察し、診断します。

 

状況によって変わる治療法

子宮内膜症の治療には、いくつか治療の選択肢がありますが、それは症状の程度や、年齢、これから子どもを産むかどうかによって選択するものが変わってきます。

大きく分けて治療法は3つあります。

1.軽度で子宮自体を保存するのであれば「保存療法」

2.子宮自体を保存しつつ症状緩和や病気の進行を遅くするのであれば「薬物療法」

3.ある程度進行している場合や根治が必要な場合には「手術療法」

 

となります。

 

後天性月経困難症は大事なサイン

後天的に月経困難症が生じた場合は、子宮内膜症に限らず、何らかの婦人科系の病気を疑ったほうがよいでしょう。症状が生理中だけで治まるからといって、放置しないことが重要です。身体から出される必死なサインとしてを見逃さないようにしてください。 

(Photo by:pixabay

著者: Roddyさん

本記事は、2016-08-03掲載時点の情報となります。
記事内容について実行の際には、ご自身の責任のもと安全性・有用性を考慮してご利用いただくようお願い致します。


通報する

オススメ検索ワード

月経困難症に関する記事

サプリメントで手軽に!月経困難症対策になるサプリメント3つ!

   月経のたびにベッドから起き上がれないほどの症状が出るとなると、働いている女...

つらい月経困難症でも薬に頼りたくない人への有効な対処法まとめ

生理症状が重く、つらい月経困難症は、多くの女性に見られる症状です。 特に若い女...


特に病気でもないのに生理痛が重いのはなぜ?

寝込むほどの強い下腹部の痛みや、腰痛、頭痛、吐き気など、仕事や学校に支障をきた...

問診、内診、超音波・・・器質性月経困難症の診断はどのように行われる?

  月経困難症とは通常の生理痛とは区別して、日常生活に支障が出るほどの重い症状...

カラダノートひろば

月経困難症の関連カテゴリ

ブックマークは20件まで登録可能です
トップへ戻る